やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

3,888円(税込)
品切れ

別冊「医学のあゆみ」
がん診療連携拠点病院
レベルアップのための事例集

畠清彦 編
発行時参考価格 3,600円
  • 総頁数:148頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2010年3月
  • 注文コード:283650
  • 雑誌コード:20476-3/15

内容紹介

●拠点病院と連携する施設も必読.がん診療へのさまざまな取組み方が見えてくる「参考書」.
●悩みは他の施設を参考にしたい.そんなときに役立つ,20施設の事例を紹介.
●先進的施設からの参加者による座談会も収録.『医学のあゆみ』誌の大好評連載,待望の別冊化!

目次

座談会
第1章 東京都におけるがん診療連携拠点病院
1.がん・感染症センター都立駒込病院における取組み(坂巻 壽)
2.癌研有明病院における取組み(山下 孝)
3.NTT東日本関東病院における取組み(石原照夫・小澤桂子)
4.日本赤十字社医療センターにおけるがん拠点病院としての取組み―新病院に向けた拠点病院としての整備強化(田中 勲)
5.東京大学医学部附属病院における集学的がん診療(宮川 清)
6.日本医科大学付属病院における取組み(内田英二)
7.がん患者のトータル・ケアをめざして―聖路加国際病院における取組み(堀之内秀仁・細谷亮太)
8.外来化学療法室から緩和病棟,地域医療機関までのスムーズな連携をめざして―東京女子医科大学がんセンターの試み(林 和彦・他)
9.帝京大学医学部附属病院帝京がんセンターの場合―がんの総合内科医(community oncologists)の養成をめざして(江口研二)
10.東京医科大学八王子医療センターにおける取組み―大学病院分院でのがん診療連携拠点病院(岩瀬 理)
11.杏林大学医学部付属病院がんセンターの現状と取組み(古瀬純司)
第2章 各地域における活動の実際
12.大阪赤十字病院における化学療法の標準化への取組み―複雑化する大腸癌化学療法への当院での対応(金澤旭宣)
13.倉敷中央病院における地域がん診療連携拠点病院としての取組み―とくに地域連携について(河本和幸・小笠原敬三)
14.鹿児島市医師会病院における医療連携への挑戦―癌研有明病院と連携した地域ネットワークの構築(大迫政彦・田畑峯雄)
15.大阪府立成人病センターにおけるがん拠点病院としての取組み(屋木敏也)
16.福井県立病院におけるがん拠点病院としての取組み―地方の急性期病院での取組み(羽場利博)
17.金沢赤十字病院の取組み―がん診療連携拠点病院と地域中核病院(西村元一)
18.新潟県立新発田病院におけるがん診療委員会を中心とした取組み(関 義信)
19.地方急性期総合病院における外来化学療法室の現状―徳島赤十字病院の取組み(組橋由記・石倉久嗣)
20.静岡県立静岡がんセンターにおける取組み―自己管理力向上をめざして:栄養士の立場から(稲野利美)

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

畠清彦 編