やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

5,184円(税込)
品切れ

Logemann 摂食・嚥下障害

発行時参考価格 4,800円
  • 総頁数:352頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2000年5月
  • ISBN978-4-263-21500-5
  • 注文コード:215000

内容紹介

摂食・嚥下障害に関する世界的定本.原著第2版に基づく完訳版.摂食の基礎から,リハビリテーションや疾患別の診断・治療・評価,対処法が2万人以上の患者の臨床経験を踏まえて懇切・詳細にまとめている.臨床家,関連スタッフにはもちろん,学生にも好適なテキスト.

目次

第1章 はじめに
第2章 摂食・嚥下機能のメカニズム
第3章 摂食・嚥下機能の検査法
第4章 摂食・嚥下障害とは
第5章 摂食・嚥下障害の評価法
第6章 摂食・嚥下障害に対するリハビリテーション
第7章 口腔・咽頭癌治療後の摂食・嚥下障害
第8章 喉頭癌術後患者の摂食・嚥下障害
第9・10章を始めるにあたって
第9章 非進行性の神経疾患による摂食・嚥下障害
第10章 神経変性疾患の摂食・嚥下障害
第11章 摂食・嚥下障害に対する外科的,内科的治療
第12章 診断と対処法の決定
第13章 摂食・嚥下障害に対するチーム医療
第14章 摂食・嚥下リハビリテーションの将来のために

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【監訳者略歴】
道 健一
 1936年 東京都に生まれる
 1961年 東京医科歯科大学歯学部卒業
 1965年 東京医科歯科大学大学院研究科口腔外科学修了
 1968年 東京医科歯科大学歯学部第一口腔外科学教室講師,同附属病院顎口腔機能治療部副部長兼務
 1977年 昭和大学歯学部第一口腔外科学教室教授(現在に至る)
 1991年〜1995年 昭和大学歯科病院院長
 1996年〜 国際医療福祉大学兼任講師
 1997年〜 日本福祉教育専門学校兼任講師,等を兼ねる
道脇幸博
 1957年 長崎県に生まれる
 1981年 東京医科歯科大学歯学部卒業
 1988年 昭和大学歯学部第一口腔外科学教室講師
 1990年 ドイツ・ハノバー医科大学顎顔面外科学教室留学(Alexander von Humboldt財団奨学金留学生)
 1992年 昭和大学歯学部第一口腔外科学教室講師
 2001年 昭和大学歯学部第一口腔外科学助教授(現在に至る)

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

J.A.Logemann 著/道健一道脇幸博 監訳/倉智雅子橋浩二山下夕香里横山美加 訳