やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

7,560円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

臨床足装具学
生体工学的アプローチ

定価 7,560円(本体 7,000円+税8%)
  • 総頁数:240頁
  • 判型:A4判変
  • 発行年月:2005年10月
  • ISBN978-4-263-21289-9
  • 注文コード:212890

●足部の構造・機能・力学・運動学についてを, 多数の分かりやすいイラストを収載して懇切な解説書.

内容紹介

●足治療の専門家による足装具・靴型装具のユニークなテキスト.
●バイオメカニクスに基づいた理想的な装具のデザイン・効果・製作法をまとめた.
●まず,足と足関節の機能解剖学,理想的な歩行の運動力学を理解.次いで,異常歩行の原因となる病態を理解し,徒手療法,装具療法および補助療法が詳細に解説されている.
●足治療の臨床家に必要な生体工学的検査を提示.足型ギプスの採型手技を列挙.靴型装具の製作工程を明示.さらに靴の適合・チェックアウト,および問題点とその解決法を一覧表にした.

目次

第1章 足と足関節の構造と機能解剖学
第2章 歩行周期における理想的な運動
第3章 歩行周期における異常運動
第4章 生体工学的検査
第5章 ギプス採型手技
第6章 製作室での準備と装具製作
第7章 装具の供給,シューギア,臨床的問題の解決法

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【訳者略歴】
加倉井 周一【かくらいしゅういち】
 1937年 東京に生まれる
 1963年 東京大学医学部卒業
 1968年 東京大学医学系大学院第 3 臨床医学専門課程(整形外科学専攻)修了
 1971年 東京都補装具研究所所長
 1987年 帝京大学医学部リハビリテーション科助教授
 1988年 帝京大学医学部附属市原病院リハビリテーション科教授
 1992年 東京大学医学部附属病院リハビリテーション部教授
 1998年 北里大学医療衛生学部リハビリテーション科教授
 2003年 北里大学客員教授
     現在に至る

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

Thomas C.Mishaud 著/加倉井周一 訳