医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ253巻6号 > 論文詳細
嗅覚の脳神経科学の最前線
253巻6号 2015年5月9日 p.473-479
AYUMI 嗅覚の脳神経科学の最前線 嗅覚受容体遺伝子――その進化と機能の多様性 新村芳人
サマリー   匂いの知覚は,空気中の匂い分子が鼻腔の嗅上皮にある嗅覚受容体(OR)に結合することによりはじまる.ヒトゲノム中にはOR機能遺伝子が約400個もあり,活性化されたORの組合せが複雑な匂いの知覚を生み出す.特定の匂いを感知できない嗅盲の存在は,OR遺伝子の多型によってある程度説明できる.ORは嗅上皮以外のさまざまな組織でも発現しており,精子の化学走性などの機能に関与している.OR遺伝子数は生物種間で大きく異なり,その数はマウスで約1,100個,ゾウでは約2,000個にも及ぶ.また,OR遺伝子ファミリーの特徴として,進化の過程における遺伝子の重複・欠失が頻繁に起こっていることがあげられる.その進化的な“個性”を調べることによって,ORの多様な機能に対する示唆を与えることができるかもしれない.
キーワード  嗅覚受容体(OR),遺伝子ファミリー,進化
AYUMI 嗅覚の脳神経科学の最前線 嗅覚受容体遺伝子――その進化と機能の多様性 新村芳人
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
嗅覚の脳神経科学の最前線
253巻6号 2015年5月9日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,100円
注文コード:925306
雑誌コード:20472-5/9
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.