医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ247巻5号 > 論文詳細
神経変性疾患−研究と診療の進歩11月第1土曜特集
247巻5号 2013年11月2日 p.395-399
第1土曜特集 神経変性疾患――研究と診療の進歩 Proteinopathyからみた神経変性疾患の病態機序 貫名信行
サマリー   神経変性疾患の病態に関してproteinopathyという観点で,プリオン病の知見と比べ類似性をもとに整理した.プリオン病において認められた伝播という現象が最近,アミロイド形成を起こす種々の神経変性疾患で認められつつあり,Alzheimer病のAβ,タウ,Parkinson病のシヌクレインなども,マウスの脳内に接種することで伝播することが示された.同じ蛋白質の沈着でも,疾患によって異なる構造多型がある可能性も示されている.凝集蛋白質の構造が脳内で伝播することによって広範な病変を引き起こす可能性があり,このような考え方で病態がどこまで説明可能か,今後の展開が期待される領域である.
キーワード  proteinopathy,プリオン,伝播,タウ,シヌクレイン,TDP-43
第1土曜特集 神経変性疾患――研究と診療の進歩 Proteinopathyからみた神経変性疾患の病態機序 貫名信行
本論文を購入 特集TOPへ戻る
神経変性疾患
247巻5号 2013年11月2日
週刊(B5判,140頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:924705
雑誌コード:20471-11/2
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.