医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ239巻6号 > 論文詳細
精神発達遅滞・自閉症の分子医学11月第1土曜特集
239巻6号 2011年11月5日 p.609-613
第1土曜特集 精神発達遅滞・自閉症の分子医学 発達障害における認知機能障害と神経生理学的所見 加我牧子・他
サマリー   はじめに発達障害の概念・定義の変遷について概説した.わが国では従来,発達障害の中心的な病態は精神遅滞(知的障害)であり,さらに脳性麻痺など発達期の中枢神経系に生じるさまざまな病態を幅広く含んだ概念であった.2005 年の発達障害者支援法の施行後は,自閉症を代表とする広汎性発達障害,学習障害,注意欠如/多動性障害(attention deficit hyperactivity disorder:AD/HD)が中心となり,法律上の定義が医学の定義をしのぐ状態になっている.各発達障害では認知機能の特性について理解し,対応することが診断治療上重要であるため,本稿では精神遅滞,自閉症,AD/HD,学習障害において注目すべき認知機能のうち,知能,注意,視覚認知,聴覚認知とその生理学的基礎について記載した.自閉症でとくに重要なコミュニケーションにかかわる認知機能のうち,顔認知や音声認知にかかわる脳機能についても,これまでの生理学研究の成果と話題について述べた.
キーワード  発達障害,認知機能,神経生理学,精神遅滞,自閉性障害,AD/HD
本論文を購入 特集TOPへ戻る
精神発達遅滞・自閉症の分子医学
239巻6号 2011年11月5日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,200円
注文コード:923906
雑誌コード:20471-11/5
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.