やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

5,832円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

摂食・嚥下メカニズムUPDATE
構造・機能からみる新たな臨床への展開

定価 5,832円(本体 5,400円+税8%)
  • 総頁数:288頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2006年9月
  • ISBN978-4-263-44223-4
  • 注文コード:442230

摂食・嚥下メカニズムと臨床 世界の最前線がわかる!

内容紹介

●2005年秋,米国で出版されたClinical Anatomy & Physiology of the Swallow Mechanismの完全翻訳版.
●これまでの見方や見解が,いま変わる! 急速な進歩を続ける摂食・嚥下障害の診断とマネージメントを最新のエビデンスに基づいて執筆.
●患者さん一人ひとりの臨床的問題点に対応するために,構造・機能から理解し,どのようなマネージメントとテクニックを使って治療するかがわかるように解説.
●一歩踏み込んで理解したい人のためにお薦めします! 豊富な図表・写真による解説により,これまで不明だったこと,理解しにくかったことが明確にわかります.
●摂食・嚥下障害の臨床に携わる医師・歯科医師・看護師・言語聴覚士・歯科衛生士には必携の書! ●本書を「読んでみて初めて実感」―今日の摂食・嚥下臨床の最前線.

目次

CHAPTER1 摂食・嚥下の口腔相構成要素の検討
CHAPTER2 摂食・嚥下の咽頭相構成要素の検討
CHAPTER3 摂食・嚥下の食道相構成要素の検討
CHAPTER4 正常摂食・嚥下機能の制御
CHAPTER5 口腔・咽頭と食道の直接的・間接的観察法
CHAPTER6 神経(原)性摂食・嚥下障害の生理学的基礎と治療戦略
CHAPTER7 構造的病因による摂食・嚥下障害の生理学的基礎と治療戦略
EPILOGUE 終章 将来の動向

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

金子芳洋【かねこよしひろ】
 1957年 東京歯科大学卒業
 1973年 東京歯科大学衛生学講師
 1976年 東京歯科大学衛生学助教授
 1977年 WHOフェローシップにより海外視察研究
 1979年 昭和大学歯学部口腔衛生学教授
 1996年 国際障害者歯科学会(IADH)理事
 1997年 昭和大学歯学部口腔衛生学客員教授
     日本摂食・嚥下リハビリテーション学会理事長
     日本口腔衛生学会名誉会員
 1998年 日本障害者歯科学会名誉会員
 2000年 日本歯科医学会会長賞(研究部門)受賞
 2001年 明海大学歯学部客員教授
 2006年 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会名誉理事(前理事長)

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

金子芳洋 訳/Kim C.LJulie M.LKellie L.S. 著