やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

4,104円(税込)
品切れ

別冊「医学のあゆみ」
制御性T細胞
その基礎と臨床展開

発行時参考価格 3,800円
  • 総頁数:132頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2014年8月
  • 注文コード:284280
  • 雑誌コード:20476-8/15

内容紹介

制御性T細胞の発生・機能を,細胞,遺伝子レベルで操作し,ヒトの自己免疫病,アレルギーなどの免疫疾患の治療,腫瘍免疫の惹起,臓器移植における免疫寛容の誘導,免疫抑制などに応用すべく研究が進んでいる.本書では,Treg研究の現状,ヒト免疫疾患の治療・予防への展望についてまとめた.

目次

Tregの基礎研究
1.Nr4a核内受容体とTGF-βによるFoxp3の誘導機構
2.制御性T細胞の系列安定性
3.Treg発生におけるエピゲノムの役割―Treg発生はTregエピゲノムの形成とFoxp3発現により成立する
4.胸腺におけるTreg発生
5.TCR刺激とTreg
6.レチノイン酸によるTregの分化と機能の制御
7.CD4+CD25-LAG3+制御性T細胞による免疫制御
8.Toll-like receptor(TLR)と制御性T細胞(Treg)
9.樹状細胞とTreg
Tregと臨床
10.自己免疫疾患と制御性T細胞
11.動脈硬化症における制御性T細胞の役割
12.ヒトT細胞白血病ウイルス1型と制御性Tリンパ球
13.臓器移植と制御性T細胞
14.Tregs制御による抗腫瘍免疫応答増強の可能性―抗腫瘍免疫応答の抑制解除
15.腸管誘導Treg
16.制御性T細胞を標的とした創薬開発

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

坂口志文 編