やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

4,104円(税込)
品切れ

別冊「医学のあゆみ」
本当は子どもに“使えない”薬の話
実際と,これをどう打開するか

小嶋純 編
発行時参考価格 3,800円
  • 総頁数:120頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2011年11月
  • 注文コード:283910
  • 雑誌コード:20477-11/20

内容紹介

小児の薬は服用できる剤形がない,薬用量が決められていないなど問題山積である.現状,くすりの使い方は医師の裁量による「適用外使用」,すなわち“本当は使えない”ものである.本書は小児の薬の問題を提起し,その解決のための情報(非臨床試験,治験,医師主導臨床試験など)を紹介する.

目次

第1章 子どもの薬をめぐる問題の基本
第2章 疾患別にみる課題とその打開
第3章 子どもに“本当に使える”薬の開発のために

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

小嶋純 編