やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

3,850円(税込)
品切れ

別冊「医学のあゆみ」
ここまでわかったパーキンソン病研究

発行時参考価格 3,500円
  • 総頁数:120頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2009年3月
  • 注文コード:283520
  • 雑誌コード:20477-3/20

内容紹介

●診断・治療法はもちろん,在宅医療まで,パーキンソン病の臨床の最新情報を提供.
●遺伝子治療・細胞移植など,あたらしい治療の試みも紹介.
●原因遺伝子を中心に,基礎研究の進展も解説.

目次

臨床および新しい治療戦略
1.パーキンソン病の疫学研究(竹島多賀夫)
2.パーキンソン病の臨床診断および鑑別診断(長谷川一子)
3.“全身病”としてのパーキンソン病の病理―αシヌクレイン蓄積の進展様式とその意義(若林孝一)
4.パーキンソン病の神経生理―パーキンソン症状と大脳基底核の役割(望月仁志)
5.パーキンソン病の画像診断の進歩―MRI,PET,SPECTによる測定(篠遠 仁)
6.パーキンソン病の非運動症状(三輪英人)
7.パーキンソン病薬物療法のメリット・デメリット(村田美穂)
8.パーキンソン病の在宅医療(荻野美恵子)
9.パーキンソン病の定位・機能神経外科的治療―STN-DBSを中心に(深谷 親・他)
10.パーキンソン病の遺伝子治療(望月秀樹)
11.細胞移植によるパーキンソン病の治療(村松慎一)
基礎研究と遺伝性パーキンソン病の原因遺伝子
12.パーキンソン病におけるミトコンドリア機能障害の意義(小林理子・武田 篤)
13.PARK1 および PARK4―α-synuclein(SNCA)とパーキンソン病(山下拓史・松本昌泰)
14.Parkin(PARK2)発見から10年を迎えて(佐藤栄人)
15.PARK5(UCH-L1)―UCH-L1とパーキンソン病(和田圭一郎・望月秀樹)
16.PINK1-linked Parkinson's diseaseの最新知見(河尻澄宏・久保紳一郎)
17.抗酸化ストレス因子としてのPark7/DJ-1とパーキンソン病(有賀寛芳・有賀早苗)
18.PARK8:LRRK2―神経細胞死の機序解明への期待(荻野 裕)
19.PARK9(Kufor-Rakeb症候群):ATP13A2―リソソーム蛋白質 ATP13A2 変異による常染色体劣性遺伝若年性パーキンソニズム(金井数明)
AYUMI Glossary of Terms
20.パーキンソン病を理解するための最新基礎知識(波田野 琢)

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

服部信孝 編

この商品を買った人はこんな商品も買っています