やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

3,080円(税込)
品切れ

別冊「医学のあゆみ」
糸球体腎炎の発症と治療

発行時参考価格 2,800円
  • 総頁数:126頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2001年7月
  • 注文コード:282440
  • 雑誌コード:20476-7/5

内容紹介

透析療法を受けている透析患者は年々増加してきており,糖尿病性腎症の増加の陰に隠れているが,慢性糸球体腎炎による透析導入患者の増加は著しい.本別冊では,糸球体腎炎の発症・進展機序と治療に関する最新の情報を提供.

目次

糸球体腎炎の発症・進展機序に立脚した治療による腎不全阻止 槇野博史
◆糸球体腎炎の発症機序
◆糸球体構成細胞障害の機序
◆進展機序におけるメディエータ
◆血管作動ペプチドの関与
◆糸球体腎炎の治療
【サイドメモ】
Haemophilus parainfluenzae
進化の過程からみたIgA1ヒンジ部の特殊性
Cubilin
スーパー抗原と通常抗原の抗原認識機構の違い
細胞骨格
注目の的,ネフリン
セリンプロテアーゼインヒビター(serpin)
Myofibroblast
アポトーシスの細胞内シグナル伝達機構
Thrombotic microangiopathyモデル(TMA model)
T細胞補刺激因子―B7
CCN family
“食塩摂取感受性蛋白尿”とACE遺伝子多型
抗GBM腎炎モデル
エンドセリンの分泌調節因子
転写因子NF-κB
セレクチン分子の機能
ケモカインとケモカイン受容体
導入遺伝子の発現調節はなぜ必要か
アンチセンスとリボザイム
Epithelial mesenchymal transdifferentiation(EMT)

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

槇野博史 編