医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical Technology > Vol.33 No.13
33巻13号 2005年12月号臨時増刊号
特集 カラー版
体腔液検査のすべて
人体に存在する体腔は,主に胸腔,腹腔,心嚢腔であり,その他髄液腔(脳室)や関節腔も含まれます.これらの部位には種々の原因で液が貯留し,その液の検査が病態の診断に重要な役割を果たしています.それら体腔液の検査内容は,内視鏡検査,各種画像検査,細胞学的検査,臨床化学的検査,微生物学的検査に大別されます.  本臨時増刊号では,尿を含めた広い意味での体腔液の検査を網羅しました.各執筆者の方々には,単なる検査の羅列ではなく,検査結果の判読法についても解説していただくようお願いいたしました.また,図表を多用することでビジュアルな誌面を目指し,初心者にも読みやすい内容です.
目 次
発刊にあたって 水口國雄

I 総論
 1.体腔病変の画像診断 市川珠紀
 2.体腔液:検体の採取・処理法 松井成明・芹澤昭彦・伊藤 仁・長村義之
 3.体液の電解質・酸塩基平衡 大澤 勲・富野康日己
 4.体液の微生物学的検査 設楽政次・梅津静子・板垣智之

II 各論
A.体腔液
 1.胸腔鏡検査 小檜山 律・阿部典文
 2.腹腔鏡検査 永井孝三
 3.臨床化学的検査 矢野正生・下村弘治
 4.体腔病変の病理と細胞診 亀井敏昭・岡村 宏
B.関節液
 1.内視鏡検査 加藤 興・出沢 明
 2.臨床化学的検査 丸毛啓史
 3.形態検査・細胞診 江口正信・福村由紀・青木裕志・原田 勉
C.髄液
 1.髄液の産生と病態生理 西山健一
 2.臨床化学的検査 狩野有作
 3.細胞学的検査 上野喜三郎・有田茂実・海野みちる
D.胆汁・膵液
 1.胆道・膵管の画像診断 中泉明彦
 2.胆汁・膵液の臨床化学的検査 高加国夫
 3.胆汁・膵液の細胞診 古旗 淳・権田厚文・阿部佳之・橋川加奈子
E.尿
 1.検体採取法 宅見智晴
 2.尿沈渣 石渡仁深・藤本美智子・伊藤機一
 3.尿中化学物質の検査 伊藤機一・石渡仁深・藤本美智子
 4.細胞学的検査 笹井伸哉・薄田 正

III 体腔液の基準値一覧
体腔液検査のすべて
33巻13号 2005年12月20日
月刊(B5判,246頁)
発行時参考価格 4,000円
注文コード:296010
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
この本を買った人はこんな本も買っています
これから始める臨床化学  
これから始める臨床化学

志保裕行・若月香織・玉川進 著
解剖生理用語チェック1000  
解剖生理用語チェック1000

飯島治之 編著
微生物検査  
微生物検査

山中喜代治 編
血小板/顆粒球 抗原・抗体検査標準マニュアル  
血小板/顆粒球 抗原・抗体検査標準マニュアル

橋孝喜・十字猛夫・柴田洋一・徳永勝士 ほか監修
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.