医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.37 No.13 > 論文詳細
日当直 これだけは知っておきたい
緊急検査マニュアル
37巻13号 2009年12月20日 p.1567-1574
臨時増刊 日当直 これだけは知っておきたい 緊急検査マニュアル 7 病理検査 広井禎之,河合俊明,冨永晋,緒方衛
はじめに
 外科的に切除された組織は,血流の遮断により細胞活動が停止する.血流の遮断から細胞活動が停止する時間には組織間差があるが,遅かれ早かれ,その組織,細胞の生命活動は停止する.組織,細胞活動の停止した組織にみられる変化は自家融解,腐敗および乾燥である.
 日当直時に病理,細胞診検体が提出された場合,これらの細胞変化をできるだけ食い止め,翌日まで保存することが,日当直臨床検査技師の職務である.日当直時に病理・細胞診検体が提出される頻度は少ないと思われるが,適切な検体処理をしなければ組織診断ができなくなる可能性がある.
 細胞診検体はベッドサイドで塗抹,固定が行われることが多く,日当直時に検体として提出されるものには喀痰や体腔液,髄液および尿などの液状検体が想定される.日本病理学会の「技術マニュアル 6 細胞診とその技術」(日本病理学会編,医歯薬出版,1982)には,検体採取から固定までの許容時間として,喀痰:室温 12 時間以内,体腔液(胸水,腹水,心嚢液):室温 12 時間以内,髄液,尿:冷蔵して 2 時間と記載がある.液状検体を放置した場合,いわゆる細胞の変性が起こり,性状によってはフィブリンの析出がみられる.
 本稿では緊急検査における組織,細胞診検体の保存,検体処理法について解説する.……(雑誌本文は続きます)
臨時増刊 日当直 これだけは知っておきたい 緊急検査マニュアル 7 病理検査 広井禎之,河合俊明,冨永晋,緒方衛
本論文を購入 特集TOPへ戻る
緊急検査マニュアル
37巻13号 2009年12月20日
月刊(B5判,270頁)
発行時参考価格 4,200円
注文コード:296050
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
最新 染色法のすべて
「Medical Technology」別冊 最新 染色法のすべて
水口國雄 編集代表

定価 5,830円(本体 5,300円+税10%)B5判 466頁 2011年3月発行
注文コード:290520


●検査室ですぐに染色できる実利的な染色手技マニュアル!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.