医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.37 No.13 > 論文詳細
日当直 これだけは知っておきたい
緊急検査マニュアル
37巻13号 2009年12月20日 p.1456-1468
臨時増刊 日当直 これだけは知っておきたい 緊急検査マニュアル C反応性蛋白(CRP),CK,CK-MB,心筋トロポニンT/I(cTnT,cTnI),脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP),心筋型脂肪酸結合蛋白(H-FABP) 原克子,朴幸男,橋伯夫
C 反応性蛋白(CRP)
 C 反応性蛋白(C−reactive protein:CRP)は,おもに肝臓で産生される分子量約 120 kDa の急性相反応性で,肺炎双球菌の細胞壁中の C 多糖体と沈降反応を起こす血漿蛋白である.急性の組織傷害,炎症,細菌感染症などで生体が侵襲を受けると血中に早期に増加し,病状の快復に伴い速やかに減少するため,炎症マーカーとしてもっとも広く利用されている.したがって,急性炎症や組織破壊の有無とその程度を反映することから,疾患の重症度,臨床経過,予後,治療効果の判定にきわめて有用である.……(雑誌本文は続きます)(関西医科大学附属滝井病院 臨床検査部  原 克子/同循環器腎臓代謝内分泌科 朴 幸男/同大教授 臨床検査医学講座 高橋伯夫)
臨時増刊 日当直 これだけは知っておきたい 緊急検査マニュアル C反応性蛋白(CRP),CK,CK-MB,心筋トロポニンT/I(cTnT,cTnI),脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP),心筋型脂肪酸結合蛋白(H-FABP) 原克子,朴幸男,橋伯夫
本論文を購入 特集TOPへ戻る
緊急検査マニュアル
37巻13号 2009年12月20日
月刊(B5判,270頁)
発行時参考価格 4,200円
注文コード:296050
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.