医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.37 No.13 > 論文詳細
日当直 これだけは知っておきたい
緊急検査マニュアル
37巻13号 2009年12月20日 p.1357-1358
臨時増刊 日当直 これだけは知っておきたい 緊急検査マニュアル 3.血液学的検査 稲葉亨
末梢血液一般検査
 検体検査管理加算を算定する医療機関では,末梢血液一般検査(白血球数,赤血球数,ヘモグロビン,ヘマトクリット,血小板数)が常時実施可能なことが必要条件の一つであり(2009 年現在),本検査はもっとも基本的な緊急検査項目といえよう.たとえば,発熱を伴う急性感染症などでは炎症マーカーとして白血球数がしばしば検査されるが,10 万/μl 以上の白血球著増(hyperleukocytosis)を認めた場合は造血器腫瘍の可能性が高く(百日咳は例外的),適切な治療を早急に開始するためには日当直でも塗抹鏡検が必要である.一方,発熱患者で明らかな白血球減少を認めた場合には,再生不良性貧血や無顆粒球症などによる易感染状態の可能性も考えられる.この場合,顆粒球コロニー刺激因子(G−CSF)製剤を早急に投与すべきかどうかの判断は好中球数に基づいて行われるため,白血球自動分類(5 分類が不可能ならば3 分類でも可)の実施が望まれる.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
緊急検査マニュアル
37巻13号 2009年12月20日
月刊(B5判,270頁)
発行時参考価格 4,200円
注文コード:296050
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
スタンダード検査血液学
スタンダード検査血液学 第3版 CD-ROM付
日本検査血液学会 編

定価 8,140円(本体 7,400円+税10%)B5判 496頁 2014年9月発行
注文コード:226710
ISBN978-4-263-22671-1

●認定血液検査技師,骨髄検査技師を目指す技師のための必読書!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.