医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.36 No.13 > 論文詳細
感染症迅速検査アップデート
36巻13号 2008年12月20日 p.1433-
臨時増刊(43巻) 感染症迅速検査アップデート 5)ウイルス性肝炎 
B 型肝炎に関する検査法
1)HBs 抗原
 HBs 抗原は B 型肝炎ウイルス(HBV)のエンベロープに存在する外被蛋白であり,陽性であれば体内に HBV が存在する状態,すなわち HBV 感染状態を意味する.B 型急性肝炎発症後 3〜6 カ月以上陽性が持続する場合には,慢性化を考える必要がある.ただし,HBs 抗原の主要抗原決定基である a−loop に遺伝子変異が生じると,HBV 感染状態であっても HBs 抗原が陰性となることがあるので注意が必要である.
 HBs 抗原の測定法には,おもにスクリーニングとして使用される RPHA(逆受身赤血球凝集)法,PA(粒子凝集)法,精密検査目的の EIA(酵素免疫測定)法,CLEIA(化学発光酵素免疫測定)法,RIA(ラジオイムノアッセイ)法,CLIA(化学発光免疫測定)法がある.PA 法の最小検出感度が8 IU/ml なのに対し,CLEIA 法では 0.125 IU/ml まで検出できる.……(雑誌本文は続きます)
臨時増刊(43巻) 感染症迅速検査アップデート 5)ウイルス性肝炎 
本論文を購入 特集TOPへ戻る
感染症迅速検査アップデート
36巻13号 2008年12月20日
月刊(B5判,222頁)
発行時参考価格 4,200円
注文コード:296040
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.