医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 通常号
269巻12号 2019年6月22日
AMPキナーゼと医学
はじめに
AYUMI AMPキナーゼと医学 はじめに 庄嶋伸浩・山内敏正
  AMPキナーゼは,骨格筋や肝において糖脂質代謝を制御することから,運動療法と同様に統合的に代謝を改善する可能性があり,創薬の標的分子として注目されている.現在広く使用されている糖尿病の治療薬であるビグアナイド薬は,AMPキナーゼを活性化してインスリン抵抗性を改善する.
 AMPキナーゼが代謝の恒常性を保つメカニズムについては,多くの研究により解明されている.細胞内のAMP/ATP比の上昇に伴って,AMPキナーゼは活性化される.AMPキナーゼが活性化されると,糖の取り込みや脂肪酸β酸化が促進され,糖新生が抑制される.また,グリコーゲン・蛋白質・脂質の合成が抑制され,異化が促進されてATPが増加し,恒常性が保たれる.代謝の制御は,AMPキナーゼのリン酸化,および転写調節を介して行われることが明らかになっている.AMPキナーゼの構造は,触媒サブユットであるαサブユニット,調節サブユニットであるβとγサブユニットで構成され,それぞれのサブユニットの重要性について解明が進んでいる.
 AMPキナーゼは代謝疾患に加え,がんや神経疾患など幅広い病態に関連することから,治療への応用が期待されている.本特集では,注目を集めるAMPキナーゼの役割について,基礎医学から臨床まで最新の知見を取り上げる.マウスにおけるAMPキナーゼの可視化,炭水化物の嗜好性を決める視床下部室傍核のコルチコトロピン放出ホルモン神経細胞における役割,骨格筋や肝における代謝の制御,膵β細胞における転写因子の発現調節,がんにおける糖代謝の調節,上皮細胞における細胞骨格の形成,慢性腎臓病と代謝制御の関係などのトピックスについて,第一線で活躍されている先生方に解説いただいた.
 AMPキナーゼの研究と臨床応用のさらなる発展に貢献することを期待する.
目 次
マウス体内におけるAMPキナーゼ活性の可視化……小長谷有美・寺井健太
視床下部AMPキナーゼによる炭水化物嗜好性制御機構……箕越靖彦
肥満・糖尿病の創薬ターゲットとしてのAMPキナーゼ……岩部真人・他
サリドマイドによるAMPキナーゼを介した脳梗塞に対する神経保護効果……澤村直哉・他
低酸素ストレスによる膵β細胞機能不全とAMPキナーゼ……山縣和也
AMPキナーゼとがん細胞の悪性化──がん微小環境適応におけるAMPKの意義……遠藤整・他
上皮細胞間接着とAMPキナーゼ……矢野智樹・月田早智子
慢性腎臓病におけるエネルギー枯渇の感知障害……菊池寛昭・蘇原映誠
TOPICS
【耳鼻咽喉科学】
耳鳴の機序と治療法……佐藤宏昭 
【医動物学・寄生虫学】
昆虫によるアレルギー……松岡裕之 
【生理学】
バソプレシンシグナルの抑制は時差による老齢マウスの生存率を改善する……山口賀章・岡村均 
連載
【医学・医療におけるシミュレータの進歩と普及】
23.消化器領域超音波のシミュレータ――腹部超音波/超音波内視鏡……林和直・他 
【健康寿命延伸に寄与する体力医学】
11.加齢に伴う骨・骨格筋量減少に及ぼす運動の影響――そのメカニズム……古市泰郎・藤井宣晴 
雑誌特集
今月の雑誌特集
新刊紹介
今月の新刊紹介
週刊「医学のあゆみ」のご注文
AMPキナーゼと医学
269巻12号 2019年6月22日
週刊(B5判,70頁)
定価 1,430円(本体 1,300円+税10%)
注文コード:926912
雑誌コード:20474-6/22
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.