やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

5,184円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

ワークブックで実践する 脳損傷リハビリテーション

定価 5,184円(本体 4,800円+税8%)
  • 総頁数:296頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2018年10月
  • ISBN978-4-263-26579-6
  • 注文コード:265790

著名なThe Oliver Zangwill Centreのプログラムがこの一冊に!
現場で役立つ93のハンドアウトがダウンロード可能!

内容紹介

●本書は,神経心理学リハビリテーションを提唱したBarbara A.Wilsonの著書であり,著名なThe Oliver Zangwill Centreのプログラムのすべてを具体的に学べる内容となっている.
●脳損傷のリハビリテーションについて,すぐに評価・介入へ結びつけられる具体的なツールを「ハンドアウト」として掲載.これら93の「ハンドアウト」(症状を簡易に理解でき,患者説明にも使用できるようにまとめられた用紙/評価用紙/介入時の用紙など)は,ダウンロードして利用することも可能.
●脳の解剖と損傷メカニズムの基本にはじまり,注意,記憶,遂行機能,コミュニケーション,疲労,気分,脳損傷後のアイデンティティの変容,脳損傷後の家族の問題など,具体的かつ実践的に解説.
●言語聴覚士をはじめ,作業療法士,臨床心理士,リハ科医など,多くの関連職に広く役立つ決定版!

目次

第1章 本書について
第2章 脳の解剖と損傷メカニズム入門
第3章 注意
第4章 記憶
第5章 遂行機能
第6章 コミュニケーション
第7章 疲労
第8章 気分
第9章 脳損傷後に生じたアイデンティティの変容をみる
第10章 脳損傷後の家族の問題を考える

書評

本書の書評をご覧いただけます!

書評:渡邉 修 先生 (『CLINICAL REHABILITATION』2019年3月号掲載 PDFファイル:約600KB)

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【監訳者略歴】
廣實真弓 教授,言語聴覚士,博士(言語学)
 1990年 上智大学大学院博士前期課程修了
 1990年〜 言語聴覚士として勤務
 2011年〜 帝京平成大学健康メディカル学部言語聴覚学科
 著書:Q&Aでひも解く高次脳機能障害(2013),気になるコミュニケーション障害の診かた(2015),てんかん支援Q&A リハビリ・生活支援の実践(2018),他多数

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

廣實真弓 監訳/Rachel WinsonBarbara A.WilsonAndrew Bateman 編/曽根大地相馬有里植田恵藤川真由本多留美目黒文大江悠樹橋真知子宮本礼子 訳