医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.45 No.13 > 論文詳細
知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング
45巻13号 2017年12月25日 p.1485-1488
臨時増刊 知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング 3)便潜血測定装置 稲垣泰良
POINT
・便潜血測定装置には,多種の測定原理が存在することを理解する.現在,金コロイド凝集法(比色法)と,ラテックス凝集免疫比濁法が測定原理として広く用いられている.
・装置のトラブルシューティングは,各社の取扱説明書に記載のあるエラーリストなどを参照することで解決するケースが多い.本稿ではセットアップ時に注意する点を一例紹介する.
・測定時のピットフォールとして,便由来物質で反応に影響を与えるケースおよび便以外の干渉物質の影響について解説する.
・将来的には標準物質の確立,カットオフ値・使用単位の統一化などが求められる.
臨時増刊 知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング 3)便潜血測定装置 稲垣泰良
本誌を購入 特集TOPへ戻る
月刊「Medical Technology」のご注文
知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング
45巻13号 2017年12月25日
月刊(B5判,268頁)
定価 5,280円(本体 4,800円+税10%)
注文コード:296130
雑誌コード:08608-12
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.