医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.40 No.13 > 論文詳細
遺伝子検査実践マニュアル
40巻13号 2012年12月25日 p.1534-1535
臨時増刊 今日から役立つ 遺伝子検査 実践マニュアル Cコンパニオン診断薬 登勉
summary
 米国食品医薬品局FDA は2011 年7 月に発表したガイダンス案で,コンパニオン診断(companiondiagnostics)が治療薬の安全で有効な使用にとって不可欠であり,コンパニオン診断医療機器(companiondiagnostic device)の使用目的は,@ある治療薬がもっとも有効と予想される患者の同定,A重篤な副作用のリスクが高いと予想される患者の同定,そしてB投与計画の変更,投与量の調節,または治療中止を決定するための治療効果モニタリングの3 つであるとしている.
 「コンパニオン(仲間,相棒,いつもついてまわるもの)」が意味するとおり,治療薬からいえばコンパニオン診断薬であり,診断薬からいえばコンパニオン治療薬であり,治療薬と診断薬が相棒として,いつも一緒に行動するという姿を想像すればイメージはより明確になる.コンパニオン診断薬(companiondiagnostic drugs)は特別な診断薬でなく,臨床検査室で実施されている検査のうち,上述した目的に合った検査(コンパニオン診断検査:companiondiagnostic tests)のための診断薬がコンパニオン診断薬である.……(雑誌本文は続きます)
臨時増刊 今日から役立つ 遺伝子検査 実践マニュアル Cコンパニオン診断薬 登勉
本誌を購入 特集TOPへ戻る
月刊「Medical Technology」のご注文
遺伝子検査実践マニュアル
40巻13号 2012年12月25日
月刊(B5判,264頁)
定価 4,840円(本体 4,400円+税10%)
注文コード:296080
雑誌コード:08608-12
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.