医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.39 No.13 > 論文詳細
輸血検査業務ハンドブック
39巻13号 2011年12月20日 p.1587-1588
臨時増刊 今日から役立つ 輸血検査業務ハンドブック L輸血関連急性肺障害(TRALI)症例 岡崎仁
■症例
患者:70 歳,男性
症状と経過:骨髄異形成症候群(MDS)で血小板減少,出血傾向をきたしたため,外来で10 単位の濃厚血小板製剤を投与.投与中よりやや咳が出始めた.投与終了後,呼吸が苦しく感じられた.体温も輸血前は36.5℃であったが,輸血後には38.0℃まで上昇していた.皮膚の痒み・発赤や咽頭の違和感はなく,SpO2 は88% を呈していた.
 輸血前に測定した血圧は146/86 mmHgであったが,輸血後は110/80 mmHg と低下していた.胸部X 線写真を撮影したところ,両側に斑状の陰影が広範囲にわたって見られており,酸素投与を行うも徐々に意識混濁もみられてきた.
■TRALI の診断と対応
輸血中もしくは輸血後に呼吸困難を呈する場合の鑑別診断としては,重篤なアレルギー反応による喉頭の浮腫,気道狭窄,循環負荷による心不全,輸血関連急性肺障害(transfusion-related acute lung injury,TRALI),血液製剤の細菌汚染による敗血症,急性の溶血性副作用などがある.
 診断は即時にはむずかしいことも多く,後から検査をして診断できる場合もあるので,少なくとも6 時間以内に使用した血液製剤バッグの冷蔵保存,患者の血液検体の確保を行う.HLA 抗体,HNA 抗体などの有無はTRALI の診断基準には含まれないが,診断の補助となる場合がある.また,心原性の肺水腫の除外診断のために輸血前後でのBNP もしくはNT-proBNP の測定が役に立つ場合がある.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
月刊「Medical Technology」のご注文
輸血検査業務ハンドブック
39巻13号 2011年12月20日
月刊(B5判,272頁)
発行時参考価格 4,400円
注文コード:296070
雑誌コード:08608-12
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

メディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

関連著書
血小板/顆粒球 抗原・抗体検査標準マニュアル
「Medical Technology」別冊 血小板/顆粒球 抗原・抗体検査標準マニュアル
橋孝喜・十字猛夫・柴田洋一・徳永勝士 ほか監修

定価 6,160円(本体 5,600円+税10%)B5判 312頁 2009年5月発行
注文コード:290490


●本書は,「日本血小板・顆粒球型ワークショップ」の研究成果に基づき,血小板および顆粒球抗原・抗体の標準......
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.