医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.39 No.13 > 論文詳細
輸血検査業務ハンドブック
39巻13号 2011年12月20日 p.1521-1526
臨時増刊 今日から役立つ 輸血検査業務ハンドブック 4-7.血液製剤の供給体制 堀口新悟,田崎哲典
 輸血供給体制とは,輸血用血液の依頼から患者に輸血が実施されるまでの一連の流れが組織的に統一して機能する仕組みを指す.輸血が実施されるまでには複数の人が関与することから,当該患者に正しい血液が確実に輸血されるには,輸血療法委員会で承認された手順書を院内各部署に整備し,周知徹底させる必要がある.
 血液製剤を円滑に提供するうえで輸血部門として重要なことは,自施設の特性(診療科別輸血使用量,輸血のトリガーHb 値など)だけでなく,血液製剤の供給環境(日本赤十字社血液センターの供給体制や自施設との距離など)を正しく把握しておくことである.とくに緊急時の対応が重要である.いずれにしろ,血液製剤の使用状況をさまざまな角度から定期的に分析し,輸血療法委員会で検討するなどして,適正な供給体制を構築することが望まれる.
 輸血前検査および輸血管理体制に関しては別項で述べられるので,本稿では輸血の依頼から供給について概説する.……(雑誌本文は続きます)
臨時増刊 今日から役立つ 輸血検査業務ハンドブック 4-7.血液製剤の供給体制 堀口新悟,田崎哲典
本論文を購入 特集TOPへ戻る
月刊「Medical Technology」のご注文
輸血検査業務ハンドブック
39巻13号 2011年12月20日
月刊(B5判,272頁)
発行時参考価格 4,400円
注文コード:296070
雑誌コード:08608-12
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

メディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

関連著書
臨床免疫学
臨床免疫学
福岡良博・佐藤進一郎・〆谷直人 ほか著

定価 7,260円(本体 6,600円+税10%)B5判 480頁 2011年7月発行
注文コード:225960
ISBN978-4-263-22596-7

●疾患と臨床検査の意義を理解し臨床免疫の理解が深まる懇切な解説書!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.