医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.39 No.13 > 論文詳細
輸血検査業務ハンドブック
39巻13号 2011年12月20日 p.1501-1503
臨時増刊 今日から役立つ 輸血検査業務ハンドブック 4-3.新鮮凍結血漿の使用指針 比留間潔
使用目的
 新鮮凍結血漿(fresh frozen plasma, FFP)は,おもに血液凝固因子あるいはその関連因子の補充を目的に用いられる.
 血液凝固因子のなかで,フィブリノゲン,第VII因子,第VIII因子,第IX因子,第XIII因子の欠乏による出血症状に関しては,それぞれ単独の血液凝固因子濃縮製剤,あるいは遺伝子組換え製剤を優先させるのが原則である.また,第X因子欠乏に関しては濃縮活性化プロトロンビン複合体製剤,フォン・ヴィレブランド病にはフォン・ヴィレブランド因子(von Willebrand factor, vWF)を含む第VIII因子濃縮製剤が適応になる.
 ただし,わが国ではフィブリノゲン製剤が安定供給されておらず,またフィブリノゲン,第VIII因子などが濃縮されたクリオプレシピテート製剤が供給されていないので,フィブリノゲン減少に対してもFFP を使用せざるをえない.……(雑誌本文は続きます)
臨時増刊 今日から役立つ 輸血検査業務ハンドブック 4-3.新鮮凍結血漿の使用指針 比留間潔
本論文を購入 特集TOPへ戻る
月刊「Medical Technology」のご注文
輸血検査業務ハンドブック
39巻13号 2011年12月20日
月刊(B5判,272頁)
発行時参考価格 4,400円
注文コード:296070
雑誌コード:08608-12
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

メディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

関連著書
輸血検査テキスト
スタンダード 輸血検査テキスト 第3版
認定輸血検査技師制度協議会カリキュラム委員会 編

定価 6,160円(本体 5,600円+税10%)B5判 384頁 2017年9月発行
注文コード:222840
ISBN978-4-263-22284-3

●輸血検査のロングセラー好評書が10年ぶりに大改訂!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.