医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.39 No.13 > 論文詳細
輸血検査業務ハンドブック
39巻13号 2011年12月20日 p.1376-1381
臨時増刊 今日から役立つ 輸血検査業務ハンドブック 1-1.検査の基本操作と手技のポイント 高橋智哉
はじめに
 輸血検査は,体内で起こると推測される反応を試験管内で観察する免疫学的な手技(手法)で行う場合が多い.当然,正しい手技を用いなければ反応をとらえきれず,臨床側へ間違った報告をすることとなる.自動輸血検査装置が普及し,試験管法を実施しない施設も増えているが,試験管法が輸血検査の基本であることには間違いがない.
 本稿では輸血検査の基本操作として,赤血球浮遊液の作製,試薬・検体の分注,凝集の見方について,日本輸血・細胞治療学会『輸血のための検査マニュアル(ver. 1.2)』,日本臨床衛生検査技師会『新輸血検査の実際』を基に示す.
 なお,ここに記載した手技をかならず実施しなければ正しい結果を得られないというわけではない.しかし,初級者や経験の浅い検査技師への教育的な観点から,この操作法を実施,指導していただきたいと考える.……(雑誌本文は続きます)
臨時増刊 今日から役立つ 輸血検査業務ハンドブック 1-1.検査の基本操作と手技のポイント 高橋智哉
本論文を購入 特集TOPへ戻る
月刊「Medical Technology」のご注文
輸血検査業務ハンドブック
39巻13号 2011年12月20日
月刊(B5判,272頁)
発行時参考価格 4,400円
注文コード:296070
雑誌コード:08608-12
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

メディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.