医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 通常号
232巻4号 2010年1月23日
閉塞性細気管支炎をめぐって
はじめに
AYUMI 閉塞性細気管支炎をめぐって はじめに 長谷川好規
  閉塞性細気管支炎は,末梢気道である細気管支領域の不可逆的閉塞をきたすことにより呼吸不全を呈する疾患である.これまで,移植医療の予後を左右する重要な合併症として知られてはいたが,本疾患概念に関する認識は低く,病態解明も進んでいないのが現状であった.わが国では厚生省特定疾患・間質性肺疾患調査研究班の昭和 56 年度研究報告書のなかで,山中 晃博士が“多発性に中間領域より高位の非呼吸細気管支又は小気管支に閉塞をきたした症例(閉塞性気管支細気管支炎―仮称)”として報告され,『日本胸部臨床』45(7):539-554〔昭和 61 年(1986)7 月〕のなかで「従来 BO 型と BBO 型を合わせて閉塞性気管支細気管支炎と仮称してきたが,これを閉塞性細気管支炎の名称に変更したいと考えている」と述べられ,疾患概念と疾患名の変遷を垣間見ることができる.
 本特集では,閉塞性細気管支炎について多面的に取り上げ,疾患概念のあゆみ,病理,各種臨床病態,診断,基礎的な病態研究の現状について,それぞれの分野で本疾患に造詣が深い,わが国における第一人者の方々に依頼し,熱心にご執筆いただいた.閉塞性細気管支炎に関するこれほど集約された日本語の文献集は,きわめて希有ではないかと自負している.
 閉塞性細気管支炎の病因は不明であり,診断の困難さに加え有効な治療法が存在しないため,きわめて予後不良の難治性呼吸器疾患である.今後,日本において移植医療は増加し,本疾患の診断と治療がますます重要な課題となる.また,移植のみではなく,各種自己免疫疾患への合併や特発症例の報告もあり,病因・病態解明が待たれるところである.
本特集が閉塞性細気管支炎に興味をもち学ぶ読者の一助になれば幸甚である.
目 次
閉塞性細気管支炎における疾患概念の変遷……今泉和良 詳細
閉塞性細気管支炎の病理……横井豊治 詳細
閉塞性細気管支炎の臨床……杉野圭史・本間栄 詳細
閉塞性細気管支炎の画像診断……酒井文和 詳細
閉塞性細気管支炎の研究のあゆみと現状……須田隆文 詳細
肺移植と閉塞性細気管支炎……伊達洋至 詳細
同種造血幹細胞移植後の閉塞性細気管支炎……今橋伸彦・宮村耕一 詳細
健康食品“アマメシバ”摂取に関連した閉塞性細気管支炎……東元一晃・大中原研一 詳細
自己免疫病態と閉塞性細気管支炎――腫瘍随伴性天疱瘡に伴う閉塞性細気管支炎様肺病変……橋本隆 詳細
フォーラム
【切手・医学史をちこち】
97.虎2題……金山知新 
性教育活動への構成的グループエンカウンターの導入と子宮頸癌予防ワクチンの意識調査……滝川稚也
雑誌特集
今月の雑誌特集
新刊紹介
今月の新刊紹介
TOPICS
【免疫学】
好塩基球のあらたな機能――アレルギー誘導抗原提示細胞……善本知広 
【循環器内科学】
光干渉断層法(OCT)の臨床応用……西野雅巳 
【臨床検査医学】
抗リン脂質抗体症候群における臨床検査の最前線……家子正裕 
連載
【がん診療連携拠点病院にみる工夫――レベルアップをめざして】
20.鹿児島市医師会病院における医療連携への挑戦──癌研有明病院と連携した地域ネットワークの構築……大迫政彦・田畑峯雄 
閉塞性細気管支炎をめぐって
232巻4号 2010年1月23日
週刊(B5判,76頁)
発行時参考価格 1,000円
注文コード:923204
雑誌コード:20474-1/23
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.