医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 第5土曜特集号
209巻9号 2004年5月29日
第5土曜特集抗菌薬UPDATE
目 次
2004/5/29 医学のあゆみ Vol.209 No.9 第5土曜特集
抗菌薬UPDATE
 企画 河野 茂(長崎大学医学部第二内科学教室)
  はじめに 河野 茂

第1章 耐性菌の分子メカニズム
 MRSAとVRSA 平松啓一
 バンコマイシン耐性腸球菌(VRE) 西野武志
 肺炎球菌の薬剤耐性機序 中野竜一・井上松久
 耐性インフルエンザ菌 生方公子
 進化するクラスA型β−ラクタマーゼ−β−ラクタマーゼの進化 石井良和
 細菌は抗菌薬(異物)排出システムで自己防衛する 後藤直正
 耐性淋菌 松本哲朗
 薬剤耐性マイコプラズマは普通に野生に存在する−臨床と分離株の性状とのdiscrepancyはなにを意味するか 成田光生
 抗結核薬耐性の分子機構 阿部千代治
 病原真菌における抗真菌薬耐性 山口英世
 薬剤耐性マラリアの分子メカニズムと疫学 狩野繁之

第2章 抗菌薬をめぐるエビデンス
 慢性気道感染症とマクロライド療法−悪循環を断ち切るマクロライドの抗炎症作用 吾妻安良太・他
 心臓血管系手術時における抗菌薬予防投与 光武耕太郎
 ピラジナミドを加えた結核の初期強化短期化学療法 下方 薫
 H.pyloriと除菌療法 兒玉雅明・藤岡利生
 市中肺炎とレスピラトリーキノロン 松島敏春
 サイクリング療法による薬剤耐性菌の抑制 賀来満夫
 ペニシリン耐性肺炎球菌に対する十分量のペニシリンによる治療−ペニシリン耐性肺炎球菌感染症にペニシリンは有効か? 川畑雅照
 感染症の迅速診断法 古谷信彦・山口惠三

第3章 抗菌薬をめぐるコントラバーシ
急性気管支炎に抗菌薬は必要か
 −必要とする立場から 渡辺 浩
 −必要としない立場から 中浜 力
動脈硬化に抗菌薬は必要か−クラミジア感染をめぐって
 −必要とする立場から:Chlamydia pneumoniaeは動脈硬化の新しい危険因子か 豊川 毅・太崎博美
 −必要性に疑問を唱える立場から 岸本寿男
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症に抗真菌薬は必要か
 −必要とする立場から 二木芳人
 −必要としない立場から 下田照文
ステロイド投与時に予防的抗結核薬(INH)の内服は必要か
 −ステロイド投与時に予防的抗結核剤の内服は必要である:安全なステロイド療法のために 安藤俊二・門田淳一
 −潜在的結核感染の予防的治療の問題点 中島正光・河野修興
呼吸器感染症にニューキノロン薬をfirst choiceにするか
 −First choiceにする立場から 朝野和典
 −First choiceにしない立場から 大石和徳
腸管感染症に対する抗菌薬投与の是非−O157を含んで
 −必要とする立場から 相楽裕子
 −感染性腸炎に抗生物質を使用しない立場から 菅沼明彦・青木 眞

第4章 新しい抗菌薬
 アジスロマイシンの外来治療薬としての可能性−アジスロマイシンの使い方 宮下修行・深野浩史
 テリスロマイシンの呼吸器感染症治療薬における位置づけ 青木信樹・茂呂 寛
 レスピラトリーキノロンの適切な使い方−ガチフロキサシンを中心に 斎藤 厚
 カルバペネム抗菌薬の特徴とその使い分け−ビアペネムを中心に 五十嵐尚志・後藤 元
 注射用ニューキノロン薬の使い方−呼吸器感染症における臨床的位置づけ 渡辺 彰
 抗VRE抗菌薬−オキサゾリジノン系抗菌薬リネゾリド 花木秀明
 抗VRE抗菌薬:ストレプトグラミン系抗菌薬−キヌプリスチン/ダルフォプリスチン 炭山嘉伸・田中英則
 抗インフルエンザ薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)の有用性−新型インフルエンザ出現時の役割 菅谷憲夫
 新しい抗菌薬ミカファンギンの位置づけ 宮崎義継・河野 茂

第5章 外科における抗菌薬療法
 外科感染症の予防と抗菌薬治療−周術期感染にいかに対応するか 横山 隆
〔外科周術期の予防的抗菌薬投与のスタンダード〕
 (1)上部消化管における抗菌薬投与 針原 康・小西敏郎
 (2)下部消化管における抗菌薬投与 楠 正人
 (3)肝胆膵における抗菌薬投与 為佐卓夫・岡 正朗
〔外科的感染症患者に対する抗菌薬投与〕
 (1)High risk患者に対する抗菌薬療法 平田公一・水口 徹
 (2)腹膜炎に対する抗菌薬療法 遠藤重厚・佐藤信博
 (3)肝胆道系感染症患者に対する抗菌薬療法 渡会伸治・他
 (4)重症感染症に対する新しい抗菌薬の役割 小野 聡・他

■サイドメモ
 “バンコマイシン耐性”の定義の問題
 バンコマイシン耐性変異株の選択実験
 PBP3
 排出システムと排出蛋白質
 マクロライド剤の作用機序と耐性機構
 薬剤耐性の用語の変更
 排出ポンプと多剤耐性
 マラリアとマラリア原虫
 嚢胞性線維症(cystic fibrosis:CF)
 Red man症候群
 新しい結核対策の戦略−DOTS
 H.pylori除菌治療とITP
 院内肺炎におけるニューキノロン
 非定型肺炎を疑う項目
 耐性菌を増やさないために
 多剤耐性緑膿菌
 Toll-like receptor(TLR)
抗菌薬UPDATE
209巻9号 2004年5月29日
週刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 4,800円
注文コード:282960
雑誌コード:20475-5/29
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.