医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ232巻4号 > 論文詳細
閉塞性細気管支炎をめぐって
232巻4号 2010年1月23日 p.267-271
AYUMI 閉塞性細気管支炎をめぐって 自己免疫病態と閉塞性細気管支炎――腫瘍随伴性天疱瘡に伴う閉塞性細気管支炎様肺病変 橋本隆
サマリー   自己免疫水疱症は,表皮のさまざまな接着関連蛋白に対する自己抗体により,全身の皮膚に水疱を形成する皮膚科の代表的な自己免疫性疾患の一群である.大きく, @ 抗表皮細胞膜自己抗体を示す天疱瘡群と, A 水疱性類天疱瘡を代表とする抗表皮基底膜部自己抗体を示す群の 2 群に分けられる.天疱瘡群では,主としてデスモソーム部の細胞接着分子であるデスモグレイン群に対する IgG 自己抗体を示す.腫瘍随伴性天疱瘡(PNP)
は天疱瘡の一型で,皮膚病変と Stevens−Johnson 症候群に類似の粘膜病変を示し,悪性リンパ腫を主とする血液系悪性腫瘍を合併する.血中に抗デスモグレイン自己抗体のみでなく,デスモプラキン,エンボプラキン,ペリプラキンなどのプラキンファミリー蛋白に対する自己抗体を検出する.予後は一般に不良である.
PNP の約 20%に,致死的な閉塞性細気管支炎(BO)様肺病変が出現することが明らかとなった.著者らは培養肺胞上皮細胞を用いた免疫沈降法で,血中抗体が表皮と同様なプラキンファミリー蛋白に反応することを示し,皮膚病変と同様な機序で,肺病変が生じることが推定された.その後の著者らの約 70 例の日本人 PNP患者の統計でも,20〜30%に致死的な BO 様肺病変が認められ,予後の改善のためにも今後の病態の解明と治療の開発が急がれる.
キーワード  腫瘍随伴性天疱瘡(PNP),悪性リンパ腫,閉塞性細気管支炎(BO),プラキンファミリー,免疫沈降法
AYUMI 閉塞性細気管支炎をめぐって 自己免疫病態と閉塞性細気管支炎――腫瘍随伴性天疱瘡に伴う閉塞性細気管支炎様肺病変 橋本隆
本論文を購入 特集TOPへ戻る
閉塞性細気管支炎をめぐって
232巻4号 2010年1月23日
週刊(B5判,76頁)
発行時参考価格 1,000円
注文コード:923204
雑誌コード:20474-1/23
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.