医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ232巻4号 > 論文詳細
閉塞性細気管支炎をめぐって
232巻4号 2010年1月23日 p.231-235
AYUMI 閉塞性細気管支炎をめぐって 閉塞性細気管支炎の病理 横井豊治
サマリー   閉塞性細気管支炎は,骨髄移植,肺移植,膠原病,感染症,アマメシバなどに関連して発症する予後不良な疾患である.閉塞性細気管支炎の病理学的変化は,原因を問わず共通性が高い.その特徴は細気管支壁から内腔にかけての全周性の線維瘢痕化で,部分的または完全な閉塞を伴うことである.初期には炎症が主体の時期があると考えられる.病理学的診断のために,経気管支肺生検の有用性は低く,外科的肺生検が必要になることが多い.病理診断には弾性染色の併用がきわめて有用である.
キーワード  閉塞性細気管支炎,閉塞性細気管支炎器質化肺炎,骨髄移植,肺移植,アマメシバ
AYUMI 閉塞性細気管支炎をめぐって 閉塞性細気管支炎の病理 横井豊治
本論文を購入 特集TOPへ戻る
閉塞性細気管支炎をめぐって
232巻4号 2010年1月23日
週刊(B5判,76頁)
発行時参考価格 1,000円
注文コード:923204
雑誌コード:20474-1/23
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.