やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

10,800円(税込)
新刊 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

歯学生のパーシャルデンチャー 第6版

定価 10,800円(本体 10,000円+税8%)
  • 総頁数:350頁 / カラー
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2018年8月
  • ISBN978-4-263-45817-4
  • 注文コード:458170

局部床義歯補綴学テキストの決定版!
さらにバージョンアップした改訂第6版!!

内容紹介

●初版以来,局部床義歯補綴学(部分床義歯補綴学)入門書決定版として高評価を確立.このたび新たな編者陣で第6版として全面改訂.見やすくわかりやすく,学びやすいテキストがさらにバージョンアップ.
●基礎編では咬合論から入り,臨床に必要な局部床義歯補綴学の基礎知識を,臨床編ではそれを基とした設計・製作・装着・予後など臨床的考え方とテクニックについて解説.

目次

第1編 基礎編
第1章 医療のなかの歯科補綴学
第2章 局部床義歯(部分床義歯)補綴の歴史と趨向
第3章 局部床義歯(部分床義歯)補綴の目的と臨床的意義
第4章 局部床義歯(部分床義歯)の選択
第5章 顎口腔系の構成と機能運動および局部床義歯(部分床義歯)補綴にかかわる解剖学的事項
第6章 咬合異常,歯の欠損などに続発する症候および局部床義歯(部分床義歯)補綴により回復される咬合
第7章 咬合器の概念
第8章 局部床義歯(部分床義歯)の特徴と構成要素
第9章 構成要素の基本的考え方
第10章 局部床義歯(部分床義歯)の設計に有用な症型分類
第11章 義歯の動き
第12章 局部床義歯(部分床義歯)の支持,把持,維持の考え方
第13章 局部床義歯(部分床義歯)用材料
第2編 臨床編
第14章 局部床義歯(部分床義歯)治療の臨床ステップ
第15章 診察と診断
第16章 研究用模型のサベイング(仮設計)と治療計画
第17章 口腔内前処置
第18章 印象採得と模型製作
第19章 咬合採得,人工歯の選択ならびに咬合器装着
第20章 作業用模型のサベイングと義歯の設計(本設計)
第21章 支台装置
第22章 連結子
第23章 フレームワークの製作
第24章 人工歯の排列,歯肉形成,ならびにろう義歯の試適
第25章 埋没から義歯完成まで
第26章 義歯の装着,調整ならびに指導
第27章 義歯装着後に生じる生体と義歯の変化
第28章 義歯装着後の管理
第29章 暫間義歯,即時義歯,移行義歯,診断用義歯ならびに治療用義歯
第30章 オーバーデンチャー
第31章 インプラント補綴
第32章 顎顔面補綴
第33章 要支援・要介護高齢者に対する局部床義歯(部分床義歯)補綴

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【原著者略歴】
三谷春保【みたにはるやす】
 1920年 京都府に生まれる
 1941年 大阪歯科医学専門学校卒業
 1967年 大阪歯科大学教授
 1987年 大阪歯科大学名誉教授

【編者略歴】
赤川安正【あかがわやすまさ】
 1975年 広島大学歯学部卒業
 1993年 広島大学教授
 2002年 広島大学大学院教授
 2013年 広島大学名誉教授,奥羽大学長
 2016年 昭和大学客員教授,日本歯科大学客員教授,
     明海大学客員教授
岡崎定司【おかざきじょうじ】
 1979年 大阪歯科大学歯学部卒業
 1984年 大阪歯科大学大学院歯学研究科修了
 2008年 大阪歯科大学歯学部教授
志賀 博【しがひろし】
 1979年 同志社大学工学部電子工学科卒業
 1986年 日本歯科大学歯学部卒業
 1990年 日本歯科大学大学院歯学研究科修了
 2004年 日本歯科大学歯学部(現 生命歯学部)教授
横山敦郎【よこやまあつろう】
 1984年 北海道大学歯学部卒業
 1988年 北海道大学大学院歯学研究科修了
 2005年 北海道大学大学院歯学研究科教授
 2017年 北海道大学大学院歯学研究院教授