医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical Technology > Vol.39 No.13
39巻13号 2011年12月号臨時増刊号
特集 輸血検査業務ハンドブック
発刊にあたって
 輸血検査を主題とするMedical Technology 臨時増刊号『輸血検査のすべて』が刊行されたのは2003 年のことである.過去には1987 年,1994 年にも同書名にて刊行され,広く活用されてきた.そして今回,書名を新たにし,輸血検査ならびに輸血関連業務をテーマとする臨時増刊号『今日から役立つ 輸血検査業務ハンドブック』が刊行の運びとなった.
 医学・医療の発展に伴い,臨床検査領域も,新たな知見や検査機器・技術の開発により日々進歩を続けている.輸血検査においてもそれは例外ではない.カラム凝集法をはじめとする自動検査技術の発展により,今日では他領域同様に自動化が急速に進みつつある. その一方で,輸血検査は,検査の誤りが患者の生命をも脅かす重大な過誤に直結するというその特殊性ゆえに,装置の故障や停電といったトラブル時にも迅速かつ正確な対応が求められ,試験管法などの「用手法の技術」と,検査法の選択や結果判定における「確かな判断力」が必須であることには今後も何ら変わりはない.さらに,輸血の適正使用と安全推進が急務となる中,輸血療法委員会や輸血コンサルテーションなどを通して,臨床側と連携・交渉ができる臨床検査技師が求められている.
 そこで本書では,輸血検査の基本手技や手順,精度管理,輸血療法の実際,輸血副作用への対応をわかりやすく解説するとともに,各種自動輸血検査装置の原理や取り扱い,臨床支援といった新たな情報や取り組みも盛り込んだ.加えて,臨床検査技師が担う重要な輸血業務の一つである製剤管理についても詳説している.検査手順や輸血副作用への対応については,「こんな時どうする? 症例から学ぶ 考え方と対処法」と題して豊富な症例を提示し,書名のごとく“今日から役立つ”実践的な内容となるように努めた.
 臨床検査技師の適切な知識と技術なくしては,患者に安全な輸血を提供することはできない.日常的に輸血検査を担当している読者には,知識と技術を再確認するための一助として,また,宿当直時などにのみ輸血にかかわる読者には,最低限習得すべき輸血検査の基本を学ぶ参考書として,本書をご活用いただければ幸甚である.
 最後に,ご多忙の中,本書の執筆に快くご協力下さり,多大なるご尽力をいただいた先生方に深く感謝の意を表する.
2011 年12 月
『今日から役立つ 輸血検査業務ハンドブック』編集代表(五十音順)
東邦大学医療センター大森病院 輸血部 奥田 誠
市立札幌病院 検査部 高橋智哉
旭川医科大学病院 臨床検査・輸血部/Medical Technology 編集協力スタッフ 友田 豊
目 次
今日から役立つ 輸血検査業務ハンドブック 
1章 輸血検査の基本
1-1.検査の基本操作と手技のポイント  高橋智哉  1376 詳細
1-2.ABO血液型検査の手順と注意点  常山初江  1382 詳細
1-3.Rh血液型検査の手順と注意点  堀勇二  1389 詳細
1-4.不規則抗体スクリーニング検査の種類・手順・注意点  石丸健佐藤進一郎  1395 詳細
1-5.不規則抗体鑑別のポイントと抗体同定検査の進め方  安田広康  1405 詳細
1-6.交差適合試験の手順と注意点  森威典  1412 詳細
1-7.新生児での交差適合試験  藤本昌子  1419 詳細
2章 自動輸血検査装置の原理と取り扱い時の注意点
2-1.各種自動輸血検査装置の原理と特徴  西野主眞  1458 詳細
2-2.自動輸血検査装置取り扱い時の注意点  日高陽子  1465 詳細
3章 輸血検査における精度管理
3-1.検査室環境・設備における精度管理  安藤高宣  1474 詳細
3-2.検査法・判定基準における精度管理  国分寺晃  1480 詳細
4章 血液製剤の適応・選択・管理
4-1.赤血球濃厚液の使用指針  比留間潔  1494 詳細
4-2.血小板濃厚液の使用指針  比留間潔  1497 詳細
4-3.新鮮凍結血漿の使用指針  比留間潔  1501 詳細
4-4.アルブミン製剤の使用指針  河野武弘  1504 詳細
4-5.自己血輸血の種類と使用指針  田崎哲典  1511 詳細
4-6.血液製剤の保管方法  堀淑恵,田崎哲典  1517 詳細
4-7.血液製剤の供給体制  堀口新悟,田崎哲典  1521 詳細
5章 輸血療法の実際
5-1.輸血の説明と同意(インフォームド・コンセント)  田中朝志  1528 詳細
5-2.輸血速度・輸血量の算出  田中朝志  1535 詳細
5-3.大量出血・緊急輸血時の対応  紀野修一  1540 詳細
5-4.大量輸血時の合併症  紀野修一  1546 詳細
5-5.洗浄・置換血小板の適応  東寛,秋野光明  1551 詳細
6章 輸血副作用の検査と対応
6-1.おもな輸血感染症のリスクと遡及調査の意義・課題  高橋雅彦,落合永  1558 詳細
6-2.感染性副作用の原因・対応・リスク管理  加藤栄史,高本滋  1570 詳細
6-3.免疫性副作用の原因・対応・リスク管理  藤井康彦  1578 詳細
7章 輸血コンサルテーションと臨床支援
7-1.輸血コンサルテーションの実際  石井規子,高木康  1606 詳細
7-2.輸血療法委員会の活動意義と取り組み  橋ヶ谷尚路,長田広司  1616 詳細
7-3.抗体検査,交差適合試験結果の臨床への報告−報告書の要件と留意点  友田豊紀野修一,花田大輔  1623 詳細
7-4.医療スタッフへの指導・啓発  栗林智子,奥田誠  1631 詳細
こんな時どうする? 症例から学ぶ 考え方と対処法 
@冷式抗体保有によるオモテ・ウラ不一致の症例  川畑絹代  1425 詳細
A血液型不適合の造血幹細胞移植症例―ABO血液型変化への対応  丸橋隆行  1428 詳細
BABO亜型・変種の症例−(1)日本人でもっとも多い亜型Bm症例  平島瑞子  1431 詳細
CABO亜型・変種の症例−(2)地域集積性がみられるcis AB症例  李悦子  1434 詳細
D血液型異常反応の場合の適合血選択について−緊急時の対応例  丸山美津子  1438 詳細
ERhコントロール陽性への対応  堀勇二  1440 詳細
F高頻度抗原に対する抗体の同定とその輸血  川畑絹代  1443 詳細
G赤血球同種抗体と高力価HLA抗体により溶血性輸血副作用を起こした症例  安田広康  1446 詳細
H不規則抗体スクリーニング陰性で交差適合試験が陽性となった症例  森威典  1449 詳細
IABO不適合による新生児溶血性疾患(ABO-HDN)  藤本昌子  1451 詳細
J抗Eによる新生児溶血性疾患(HDN)  藤本昌子  1453 詳細
K血漿交換療法後にADAMTS13インヒビター力価が上昇し,リツキサン投与が有効であった後天性TTP症例  加藤誠司  1584 詳細
L輸血関連急性肺障害(TRALI)症例  岡崎仁  1587 詳細
M輸血関連循環過負荷(TACO)症例  岡崎仁  1589 詳細
N遅発性溶血性輸血副作用(DHTR)症例  宮城保浩  1591 詳細
O発熱性非溶血性輸血副作用(FNHTR)症例  笹田裕司  1594 詳細
P輸血後E型肝炎症例  花田大輔,友田豊紀野修一  1597 詳細
Column&Topics 
@酵素法のみ陽性の場合  石丸健,大橋恒,佐藤進一郎  1402 詳細
A輸血検査の標準化について  星順隆  1423 詳細
B温式自己抗体  寺内純一  1455 詳細
C国際単位表示の抗Dを用いた精度管理  上村知恵  1487 詳細
D宗教上の理由による輸血拒否への対応  権田憲士,大戸斉竹之下誠一安田広康  1532 詳細
E不規則抗体保有症例への適合血の選択  安田広康  1555 詳細
F輸血製剤による細菌感染の現状と対応―日本赤十字社への報告例より  百瀬俊也  1600 詳細
G医師は輸血を行う際にどのような情報を求めているか  岩尾憲明  1629 詳細
H輸血管理料の概要と改定の見通し  半田誠  1638 詳細
輸血検査業務ハンドブック
39巻13号 2011年12月20日
月刊(B5判,272頁)
発行時参考価格 4,400円
注文コード:296070
雑誌コード:08608-12
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
この本を買った人はこんな本も買っています
微生物検査学 実習書  
微生物検査学 実習書

日本臨床検査学教育協議会 監修/森田耕司 編著
胎児エコー  
胎児エコー

岩崎昭宏・梨昇 編
解剖生理用語チェック1000  
解剖生理用語チェック1000

飯島治之 編著
最新 染色法のすべて  
最新 染色法のすべて

水口國雄 編集代表
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.