医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.45 No.13 > 論文詳細
知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング
45巻13号 2017年12月25日 p.1456-1459
臨時増刊 知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング 6)DNAチップ 岡村浩
POINT
・ DNA チップは,1990 年代に米国で開発された技術であり,臨床応用された例はまだ多くない.現状においては,マルチ測定であるDNA チップの特徴を活かすことができる検査のニーズが広がっており,ようやく臨床応用に至る状況になった.
・ DNA チップ技術を十分に活用するには,検体サンプルの準備から,検出・判定に至る全工程の流れを理解しなければならない.さらに検出装置においては,温度制御を精密に行わないと誤判定の原因となる可能性があり,注意が必要である.
・「 ジーンシリコンDNAチップキットUGT1A1」は 2016 年 12 月に薬事承認を取得した.今後も薬剤の効果や副作用発現リスク予測に有用な体外診断用医薬品の開発に取り組み,患者一人ひとりに最適な医療を提供するPrecision Medicine の実現に貢献したい.
臨時増刊 知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング 6)DNAチップ 岡村浩
本誌を購入 特集TOPへ戻る
月刊「Medical Technology」のご注文
知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング
45巻13号 2017年12月25日
月刊(B5判,268頁)
定価 5,280円(本体 4,800円+税10%)
注文コード:296130
雑誌コード:08608-12
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.