医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.45 No.13 > 論文詳細
知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング
45巻13号 2017年12月25日 p.1397-1402
臨時増刊 知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング E遠隔病理診断 下江郁一
POINT
・ 遠隔病理診断(以下,テレパソロジー)とは,病理組織標本の顕微鏡画像を通信回線によって伝送し,遠隔地で受信した画像を観察して診断を行うものである.
・ 病理医の絶対数の不足を背景に,ネットワークのブロードバンド化が進み,近年テレパソロジーを検討する病院が増加傾向にある.
・ テレパソロジーは,空間的に離れていても意志疎通良好な単一のチーム医療であり,お互いの信頼関係・コミュニケーションが重要である.
・ 実際にテレパソロジーを導入した病理医不在の当院の実情をふまえ,臨床検査技師の視点から問題点や課題点を考察する.
臨時増刊 知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング E遠隔病理診断 下江郁一
本誌を購入 特集TOPへ戻る
月刊「Medical Technology」のご注文
知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング
45巻13号 2017年12月25日
月刊(B5判,268頁)
定価 5,280円(本体 4,800円+税10%)
注文コード:296130
雑誌コード:08608-12
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.