医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical TechnologyVol.45 No.13 > 論文詳細
知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング
45巻13号 2017年12月25日 p.1325-1327
臨時増刊 知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング 4)血小板凝集能測定装置 佐藤金夫
POINT
・測定前のポイントとして,血液や多血小板血漿(PRP)の温度管理,検査前の食事,スターラーバーの管理が重要である.
・測定時のポイントとして,キュベットの取り扱いや試薬の温度管理が重要であり,標準試料がないため健常人対照を用いた精度管理を実施することが望ましい.
・測定後の結果の解釈では,血小板機能が低下している場合は後天的な要因の例が多いので,服薬状況の確認が重要である.
本誌を購入 特集TOPへ戻る
月刊「Medical Technology」のご注文
知っておきたい! 臨床検査機器の安全管理とトラブルシューティング
45巻13号 2017年12月25日
月刊(B5判,268頁)
定価 5,280円(本体 4,800円+税10%)
注文コード:296130
雑誌コード:08608-12
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
関連著書
スタンダード検査血液学
スタンダード検査血液学 第3版 CD-ROM付
日本検査血液学会 編

定価 8,140円(本体 7,400円+税10%)B5判 496頁 2014年9月発行
注文コード:226710
ISBN978-4-263-22671-1

●認定血液検査技師,骨髄検査技師を目指す技師のための必読書!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.