医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養 > Vol.141 No.1
141巻1号 2022年7月号
特集 141巻1号
栄養管理に必要な輸液療法の実践ポイント
特集にあたって
 経静脈的に輸液療法を実施する際,栄養素や電解質のみならず,水分が直接的に血管内へ投与されます.そのため,輸液療法を行う場合は,栄養状態の把握と並行してバイタルや検査値の把握が重要となり,患者の疾患が異なれば輸液療法の方法・種類も異なってきます.また,これからの管理栄養士の病棟活動や地域医療においては,ビッグデータから輸液療法の傾向を確認することや,患者が語る症状や徴候から循環動態を把握しながら輸液療法を考える思考プロセス(臨床推論)も重要となります.
 本特集では,上記トピックを含めた輸液療法の基本的な考え方をはじめ,がん化学療法時や感染症患者といった急性期の輸液療法,小児や終末期がん患者といったライフステージ別の輸液療法など,輸液療法に関するさまざまな事項や症例について,最新の知見を含めてご解説いただきます.
目 次
輸液の分類と一般的な特徴  唐沢浩二……18
医療ビッグデータからみた輸液療法の実態  百賢二……24
輸液療法の栄養管理  加藤勇太,堀由美子……29
輸液投与時に患者状態を確認するための臨床推論  川口崇……35
小児の輸液療法  冨家俊弥……40
がん化学療法時の輸液療法  市倉大輔……45
感染症患者における輸液療法  大戸祐治……50
終末期がん患者における輸液療法  石橋正祥……54
輸液・栄養療法時に循環動態変化に苦慮した一症例  金木美佳……60
巻頭カラー  管理栄養士の未来を彩る! 「食&色」コーディネート 
第3回 色彩の心理効果,視覚効果と食  吉田美代子……4 
スポット 
母乳バンクの意義と現状  水野克己……10
MOCHIプロジェクト―窒息の応急手当のためのレジストリ研究  五十嵐豊,乗井達守……12
Medical Nutritionist養成講座 
55.経腸栄養投与経路の管理―新しい接続部:ENFit(ISO80369-3)  井上善文……66 
ORIGAMI ART―食に活かすおりがみ/食の教養 
とうもろこし  西田良子,上田浩史……73 
活動レポート 栄養ケア・ステーション 
かんてんぱぱ 認定栄養ケア・ステーション  西澤彩佳,原知香……76 
ぷろらぼ 研究室で学んでみませんか 
じゃばらの研究・調理時の脳血流変化の研究を2本柱に,食と栄養の専門家を育成する/東京家政大学大学院 人間生活学総合研究科 健康栄養学専攻/人間生活学専攻 臨床栄養情報研究室  澤田めぐみ……78 
こんだてじまん 
じまんの一品料理 沖縄デザートプレート/介護老人保健施設アルカディア  白玉明子,呉屋葉月,浜川良子……80 
ビタミン栄養学UPDATE―新たな臨床的意義の確立に向けて 
7.フレイル・サルコペニアとビタミン  葛谷雅文……85 
宮島流! 病棟栄養士のためのケースカンファレンス活用術 
CASE 7 重症急性膵炎  宮島功……90 
『日本食品標準成分表』の活用でもっと深まる 食品と調理のキソ知識 
第39回 魚介類6  渡邊智子……98 
Dr.雨海の男性臨床栄養学 
タンパク質の逆襲(1)―TTRの四の字固め  雨海照祥……117 
日本栄養士会医療職域 
What's“コンサルテーションサロン”?  徳丸季聡……129
自治体病院
早期栄養介入管理加算の取り組みと効果  豊福千夏,小塚明弘……130
精神科病院
令和4年(2022年)度 日本精神科医学会学術教育研修会 「栄養士部門」開催のお知らせ  高橋俊裕……131
厚生労働省・消費者庁
熱中症予防のための情報・資料サイト・他……132
おしらせ 
東京医療保健大学大学院医療保健学研究科公開講座・他……134
月刊「臨床栄養」のご注文
栄養管理に必要な輸液療法の実践ポイント
141巻1号 2022年7月1日
月刊(B5判,128頁)
定価 1,870円(本体 1,700円+税10%)
注文コード:061411
雑誌コード:09319-07
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

医書ジェーピーM2PLUS

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.