医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 通常号
260巻2号 2017年1月14日
慢性の痛み
−何によって生み出されているのか?
はじめに
AYUMI 慢性の痛み――何によって生み出されているのか? はじめに 加藤総夫
  慢性痛(慢性の痛み,あるいは慢性疼痛)に対する考え方が大きく変わろうとしている.その変化は3つのレベルで起きている.まず,その生物学的機構の理解において.また,臨床医学における診断・治療法において.そして医療・行政の次元において.もちろんこれらは密接に連関しており,本質的にはひとつの問題に帰結される――何が慢性痛を生み出しているのか? 慢性痛は単に“長く続く”急性痛ではなく,中枢神経系の可塑的な変化を伴って成立する独立した病態である.それはどのように生み出され,患者を苦しめ続けるのか? 医学・医療はそれに対して何ができるのか?
 WHOが計画している“国際疾病分類(ICD)”の2017年改正(いわゆるICD-11)に向けて,国際疼痛学会は“慢性痛”のあらたな分類の提言を準備している.“あらたな”どころか,ICD-10までは慢性痛は独立した項目として記載されておらず,さまざまな疾患の下部概念として記述されているにすぎない.同提言は,「全人口の2割が訴える慢性痛を適切に分類記述することは世界的急務」としている.
 その提言では慢性痛を,@一次性(原発性)慢性痛,Aがん性疼痛,B術後あるいは外傷後疼痛,C二次性運動器疼痛,D二次性内臓疼痛,E神経障害性疼痛,F頭部および口唇顔面疼痛,そして,G侵害受容性疼痛,に分類している.着目すべきはこの“一次性慢性痛”という新項目の提案である.そこには慢性痛がつねに何らかの原因の結果として生じるわけではなく,むしろ一次性に生じた痛みそのものが病態となりうる,という近年のあらたな認識が反映されている.
 本特集では,上記の各レベルの専門家に最先端の知見をご紹介いただき,そこから多次元的な“慢性痛”像が浮かび上がることをめざした.慢性痛は単純な因果関係で理解しうるものではなく,進化生物学的に積み上げられたさまざまな合理的機構群の多様な相互連関によって生じる複合的な病態であることが理解されること,これが企画のねらいである.
目 次
慢性の痛みはどのように考えられてきたのか?……小山なつ・等誠司 詳細
慢性痛はどのようにアプローチされているか?:脳画像法からみた慢性痛の脳内機構……半場道子 詳細
脊髄では何がおきているのか?──神経障害性疼痛の脊髄後角におけるメカニズム……津田誠 詳細
脳幹における痛みの抑制と慢性疼痛発現の機構……御領憲治・古江秀昌 詳細
情動・報酬系では何が起こっているのか?……南雅文 詳細
痛みは脳をどう変えるか?――Neuroimagingからみえてきたもの……寒重之・柴田政彦 詳細
慢性疼痛のメカニズムにおいて,心と体の間で何が起きているのか──心身医療の観点から……細井昌子 詳細
慢性の痛み医療はどのような夢をみるか……北原雅樹 詳細
TOPICS
【呼吸器内科学】
慢性閉塞性肺疾患(COPD)とmicrobiome……友田恒一 
【神経精神医学】
Jacobsen症候群の自閉症遺伝子PX-RICS……中村勉・秋山徹 
【耳鼻咽喉科学】
児童生徒の耳鼻咽喉科健康診断全国定点調査について……朝比奈紀彦 
連載
【性差医学・医療の進歩と臨床展開】
はじめに……天野惠子 
1.わが国における性差医療の現状……高橋潤・下川宏明 
フォーラム
【ゲノム医療時代の遺伝子関連検査の現状と展望】
はじめに……宮地勇人 
1.ゲノム医療の基盤となる遺伝子関連検査の品質保証……宮地勇人 
【パリから見えるこの世界】
52.文化としての科学,あるいは「科学の形而上学化」の実践……矢倉英隆 
慢性の痛み
260巻2号 2017年1月14日
週刊(B5判,70頁)
定価 1,404円(本体 1,300円+税8%)
注文コード:926002
雑誌コード:20472-1/14
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はDigital e-hon
Digital e-hon
この本を買った人はこんな本も買っています
食卓の生化学  
食卓の生化学

三浦義彰・小野直美・橋本洋子 編著
アンチエイジング研究  
ウィメンズ・ヘルス運動療法  
ウィメンズ・ヘルス運動療法

上杉雅之 監修/山本綾子・荒木智子 編著
喘息・COPD  
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2017 Ishiyaku Pub,Inc.