医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 第5土曜特集号
281巻5号 2022年4月30日
第5土曜特集腫瘍免疫−免疫ネットワークから考える基礎と臨床
はじめに
第5土曜特集 腫瘍免疫――免疫ネットワークから考える基礎と臨床 はじめに 和田尚
  マウスでは,腫瘍をいったん取り除いた後に再移植した同じ腫瘍細胞を拒絶しうるが,体内からCD8 T細胞を除去するとその効果は消失する.免疫が腫瘍を拒絶する能力を持つことはマウスでは証明されていた.しかし,ヒトでのがん免疫療法の試みは,ヒトでも同定されたがん特異抗原を用いたがんワクチンをはじめとして,十分な臨床効果を示さなかった.ヒトでは腫瘍に免疫なんて働かないのではないか,腫瘍免疫療法は絵空事で,いい加減開発研究はやめたらどうか.2000年代初頭までこんな議論が学会で交わされていた.
 今では腫瘍免疫が厳然と存在することは一般臨床医にも広く認知されている.2010年の抗CTLA-4(cytotoxic T-lymphocyte-associated protein 4)抗体と2012年の抗PD-1(programmed cell death 1)抗体医薬の臨床効果報告が,免疫を用いたがん治療を世間に浸透させたのはご存じのとおりである.そして,抗PD-1抗体医薬の適応はがん腫を超えて原発不明がんにも認められるほどになっている.劇的ともいえる効果を示す症例の蓄積はリバーストランスレーション研究となり,遺伝子変異検索をバイオマーカーとして臨床に還元し,ネオ抗原研究の発展にも寄与した.これら近年の腫瘍免疫療法開発の躍進に機械や技術の進歩も欠かせない.特に遺伝子領域では,ゲノム解析の効率化はいうまでもない.90%以上の有効率を示す新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)mRNA(messenger RNA)ワクチンという新規手法の登場も腫瘍免疫に影響を与えそうである.ビオンテック社が長年培ってきたmRNAを用いたがんワクチン研究が,感染免疫の分野で実を結んだわけで,腫瘍免疫の分野にもリバースされることであろう.
 とはいえ,CTLA-4,PD-1に対する抗体医薬もヒトで抗腫瘍効果を示す機序は不明な点が多いままである.原因のひとつに,腫瘍免疫には非常に多くの因子が関与し相互に作用しあう免疫ネットワークの存在があると思われる.免疫による抗腫瘍効果を理解するには,この複雑なネットワークを俯瞰的に観察することが大事である.
 本特集では,絡み合った腫瘍免疫ネットワークを各因子・細胞に個別化して解説し,それぞれがネットワーク全体にどのように影響を及ぼすかに言及することで,入門者にはわかりやすい,そして専門家には最新の情報を提供することを目的に監修されている.各専門家の解説は,読者の知的好奇心を満たすに十分であり,そしてさらなる探求心とその成果の獲得に貢献しうる内容となっていることを確信している.
目 次
腫瘍免疫総論―正と負のネットワークの理解から個のバイオロジーへ―……珠玖洋
ネットワークの各因子と,その因子を応用or標的とした基礎研究の現在と可能性
がん免疫ネットワークに影響を与える因子
腫瘍細胞からネットワークへ――遺伝子変異とサイトカインネットワークによる腫瘍微小環境の形成と制御……魏菲菲・笹田哲朗
ネットワークにおけるT細胞の役割――CTL,活性疲弊,チェックポイント……山ア加奈・茶本健司
ネットワークにおける自然免疫の役割――NK, ILCs……早川芳弘
がん免疫ネットワークへの制御性T細胞の影響およびその治療応用……木谷友次朗・坂口志文
腸内細菌とがん免疫微小環境……細沼雅弘・吉村清
腫瘍微小環境の“3低”の改善による腫瘍免疫の向上……西田充香子・鵜殿平一郎
がん微小環境TME内の免疫ネットワーク解明の研究手段
免疫組織化学技術の勘どころとマルチプレックス免疫組織化学の特性……佐藤永一
フローサイトメトリー,マスサイトメトリーを用いた腫瘍微小環境の病態解明……長ア譲慈・冨樫庸介
網羅的ゲノム解析によるTME評価――全ゲノム/全エクソーム/RNAシークエンス解析……中川英刀
シングルセル解析による抗腫瘍免疫応答の解析……垣見和宏
ICI臨床的バイオマーカーの理解への基礎知識
腫瘍におけるPD-L1発現とそのバイオマーカーとしての意義……高原大志
腫瘍免疫におけるがん抗原の役割――ネオアンチゲン,TMB,MSIの基礎知識……篠原周一・松下博和
免疫チェックポイント阻害薬の成功から続く展望
腫瘍別の免疫作動薬の現状と展望(単剤→併用・新規)
進行期悪性黒色腫への免疫療法……平井郁子・舩越建
非小細胞肺がんの免疫療法――開発中の免疫療法を中心に……水野孝昭・山本昇
泌尿器科がん(腎細胞がん・尿路上皮がん)への免疫療法――特殊性と類似性……田中伸之
血液腫瘍に対する免疫療法――ホジキンリンパ腫,成人T細胞白血病リンパ腫……伊藤旭・飯田真介
頭頸部がんへの免疫療法――現状と展望……大森孝一・鈴木千晶
リンチ症候群を中心とした大腸がんへの免疫療法……中山厳馬・山口研成
消化器がん(胃がん・食道がん)への免疫治療……西塔拓郎・土岐祐一郎
婦人科がんへの免疫療法……M西潤三・万代昌紀
新規治療法
腫瘍融解ウイルス療法とがん免疫……藤原俊義
補助に終わらない免疫アジュバント……小檜山康司・石井健
iPS細胞から再生したT細胞を用いたがん免疫療法――即納型汎用性T細胞製剤の開発……河本宏・他
遺伝子導入T細胞による養子免疫療法……安井潔・池田裕明
近赤外光線免疫療法(光免疫療法)によるがん免疫の誘導と活性化……小林久隆
新規がん免疫治療薬の開発
基礎研究と臨床応用への谷間をつなぐ橋渡し研究の重要性……和田聡・玉田耕治
がん免疫療法のバイオマーカー・コンパニオン診断法の探索……小山正平・西川博嘉
がん免疫療法に起こる,そして起こりうる副作用と対策……北野滋久
がんゲノム医療と免疫治療の現状と展望……小関準
人工知能(AI)を用いたがんの不均一性,多様性への挑戦……川上英良
結語
がん免疫療法の展望――免疫制御機構に関する最近の知見をもとに……坂口志文
週刊「医学のあゆみ」のご注文
腫瘍免疫
281巻5号 2022年4月30日
週刊(B5判,216頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286750
雑誌コード:20475-4/30
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

医書ジェーピーM2PLUS

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Online

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.