医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 第5土曜特集号
241巻13号 2012年6月30日
第5土曜特集高血圧のすべて2012研究と診療の最前線
はじめに
第5土曜特集 高血圧のすべて2012──研究と診療の最前線 はじめに 島田和幸
  高血圧の研究は旧くて新しい.基礎研究では,食塩感受性をエピジェネティクスなどの今日的観点からアプローチした新知見が注目されている.食塩感受性は交感神経と密接に関連している.治療抵抗性高血圧に対する腎除神経術や調圧反射刺激法の臨床導入などによって,高血圧と交感神経はふたたびクローズアップされるようになった.
 臨床面では,従来の診察室血圧に基づく高血圧の診断が大きく変わろうとしている.2011年に公表されたイギリスの高血圧診療ガイドラインは24時間血圧測定を必須としたが,行き過ぎではないかとの議論がある.わが国では一般臨床の場で家庭血圧測定が広く普及しており,家庭血圧に基づいた診療指針が高血圧学会から公表された.診察室血圧に代わって家庭血圧が従から主の立場へ変わろうとしている.さらに,脈波速度や中心血圧が臨床の場で容易に測定できるようになり,単に上腕血圧値だけではない血管因子をも含んだ情報に基づく高血圧診療が実用化されつつある.
 また,血圧変動性が予後に強く関連することが,大規模臨床試験のpost hoc解析により証明され,このことは降圧薬の選択にも影響を与えている.高血圧診療ガイドライン上の論点では,“the lower,the better”が果たして正しいのかが問われており,冠動脈疾患と脳血管障害の相違や糖尿病性腎症と非糖尿病性腎症の区別が必要なのかもしれない.
 高齢者に関しては80歳以上の健常な超高齢者に関して150/80mmHg未満を目標にした降圧治療が有効である.ただし,高血圧を合併したいわゆる虚弱老人に関する予後の成績はいまだない.直接レニン阻害薬である新しい降圧薬アリスキレンは長時間作用と臓器保護の2点が注目されたが,最近の臨床試験ではレニン-アンジオテンシン(RA)系阻害薬併用や腎障害の患者ではむしろ有害事象を増加させるリスクが示され,その使用が制限される方向である.本特集の後半は,これらを背景にした高血圧診療2012の実践ガイドとして活用してほしい.
目 次
高血圧の成因に関する新知見
食塩感受性高血圧の発症メカニズム……下澤達雄・藤田敏郎 詳細
高血圧関連遺伝子のゲノムワイド関連解析――高血圧研究のあらたなアプローチ……加藤規弘 詳細
生体リズム異常と高血圧……岡村均・土居雅夫 詳細
血圧の中枢性調節機序……廣岡良隆 詳細
高血圧性臓器障害に関する基礎知見
細胞小器官とアンジオテンシン……宮下和季・伊藤裕 詳細
腎髄質循環と酸化ストレス……赤尾研人・他 詳細
高血圧と認知機能……堀内正嗣 詳細
肥満症とレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系……平田歩・下村伊一郎 詳細
心肥大から心不全へ……赤澤宏小室一成 詳細
高血圧診断の新たなエビデンス
家庭血圧の臨床疫学……浅山敬・大久保孝義 詳細
ABPM:パーフェクト24時間血圧コントロールへの臨床応用……苅尾七臣 詳細
中心血圧の臨床的意義:中心血圧は末梢血圧を超えるか――臓器障害との関連からの検討……小原克彦 詳細
睡眠時無呼吸と高血圧……長田尚彦 詳細
血圧変動性の臨床的意義……星出聡 詳細
高血圧と動脈スティフネス……冨山博史・山科章 詳細
心腎連関からみた微量アルブミン尿に対するあらたな治療戦略……田中敬・宇津貴 詳細
高血圧治療の新たなエビデンス
Jカーブ理論の再燃……神出計・樂木宏実 詳細
利尿薬とβ遮断薬の評価……植田真一郎 詳細
直接的レニン阻害薬のエビデンス……森本聡・市原淳弘 詳細
治療抵抗性高血圧に対する腎交感神経アブレーション……福田英克・木村玄次郎 詳細
心房細動とRA系阻害薬の関係――大規模臨床試験が提示した現実……山下武志 詳細
高血圧のワクチン療法……中神啓徳・森下竜一 詳細
減塩は有害とする論文への批判――減塩の重要性は揺るがない……上島弘嗣 詳細
ガイドライン改訂にみる高血圧診療のコントロバーシ
改訂された日本高血圧学会『家庭血圧測定の指針』……今井潤 詳細
NICE/BHS高血圧治療ガイドライン……安田元・梅村敏 詳細
妊娠高血圧症候群管理治療ガイドライン……鈴木佳克・山本珠生 詳細
慢性腎臓病(CKD)における降圧療法の見直し……木村健二郎 詳細
原発性アルドステロン症の診断ガイドライン……柴田洋孝 詳細
ACCF/AHA高齢者高血圧ガイドライン……大蔵隆文 詳細
最新のエビデンスに基づく高血圧診療2012
白衣高血圧,仮面高血圧への対処……江口和男 詳細
第一選択薬としてのCCB,ARBの使い方……中川直樹・長谷部直幸 詳細
利尿薬とβ遮断薬の使い方……冨山博史・山科章 詳細
降圧治療における配合剤の使い方……三好賢一・檜垣實男 詳細
アルドステロンブロッカーの使い方――その多岐にわたる臓器保護およびアンチメタボリック作用……武田仁勇 詳細
超高齢者の降圧治療……大黒正志・森本茂人 詳細
治療抵抗性高血圧の治療戦略……長濱一史・大屋祐輔 詳細
脳血管障害合併高血圧の管理――降圧目標および推奨薬剤……棚橋紀夫 詳細
慢性腎臓病(CKD)を合併する高血圧の管理……柏原直樹 詳細
心疾患合併高血圧の降圧治療――病態に応じた積極的降圧療法……松永和雄・野出孝一 詳細
糖尿病・MetS合併高血圧の降圧治療……片山茂裕 詳細
減塩はこうすればできる……高木洋子・河野雄平 詳細
高血圧のすべて2012
241巻13号 2012年6月30日
週刊(B5判,272頁)
発行時参考価格 5,600円
注文コード:286340
雑誌コード:20475-6/30
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
この本を買った人はこんな本も買っています
代謝・内分泌疾患  
代謝・内分泌疾患

佐藤麻子・本田佳子・幣憲一郎 編
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.