やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

16,200円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

The Fabric of the Modern Implantology
近代インプラント治療のテクニックとサイエンス

定価 16,200円(本体 15,000円+税8%)
  • 総頁数:240頁 / カラー
  • 判型:A4判
  • 発行年月:2017年12月
  • ISBN978-4-263-46135-8
  • 注文コード:461350

インプラント治療のトピックを網羅した注目の一冊!

内容紹介

●「月刊 歯界展望」の好評連載に,補筆・加筆し再編集.
●本書では,インプラントシステムの特徴,表面性状に関する考察から,インプラント治療の予知性や永続性をはかるうえで欠かせないインプラント周囲のティッシュマネジメントや補綴術式についてのエビデンスとテクニックなどを,豊富な症例とともに紹介.
●現代の課題であるインプラント周囲炎・顎骨成長や経年変化に伴う上部構造の不具合についても言及.

本書のパンフレットはこちら(PDFファイル 約1.33MB)

目次

CHAPTER 01 インプラントシステムの再考−マクロデザイン−
CHAPTER 02 理想的な初期固定を得るためには?
CHAPTER 03 臨床医のための骨結合とインプラント表面性状の科学
CHAPTER 04 インプラント表面性状のジレンマとその克服戦略
CHAPTER 05 Ridge Preservation Techniqueの再考
CHAPTER 06 GBRを成功へと導くための原理と術式
CHAPTER 07 インプラント周囲における角化歯肉の必要性をどのように考えるか?
CHAPTER 08 上顎前歯部におけるインプラント周囲のソフトティッシュマネジメント
CHAPTER 09 審美インプラント治療:過去からの定石と現在の潮流1 最終補綴を考慮した最適な三次元的インプラントポジション
CHAPTER 10 審美インプラント治療:過去からの定石と現在の潮流2 インプラント埋入タイミングの検討と周囲組織の再構築
CHAPTER 11 CAD/CAMテクノロジーはどこまでインプラント治療に応用できるのか?
CHAPTER 12 ネジ留め上部構造の新たな可能性
CHAPTER 13 これだけは知っておきたい光機能化−基礎編−
CHAPTER 14 光機能化の実際と臨床成績インプラントとチタンメッシュへの応用を中心に
CHAPTER 15 予後から観たインプラント治療が抱える課題
Epilogue

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【編著者略歴】
船登彰芳【ふなとあきよし】
 1987年 広島大学歯学部卒業
 1991年 なぎさデンタルクリニック開業(石川県羽咋市)
 1998年 なぎさ歯科クリニック移転開業(石川県金沢市)
 2008年 5-D Japan設立(ファウンダー)
山田将博【やまだまさひろ】
 2002年 広島大学歯学部卒業
 2006年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科修了 博士(歯学)
 2006年 UCLA歯学部ワイントロープセンター 骨・インプラントサイエンスチーム(LBIS)ポスドク研究員
 2009年 東京歯科大学有床義歯補綴学講座 助教
 2013年 東京歯科大学有床義歯補綴学講座 講師
 2015年 東北大学大学院歯学研究科 分子・再生歯科補綴学分野 講師
吉松繁人【よしまつしげと】
 1995年 広島大学歯学部卒業
 2001年 吉松歯科医院開業(福岡県久留米市)

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

船登彰芳山田将博吉松繁人 編著/丹野努鈴木健造石川亮藍浩之中川雅裕神津聡小川隆広 執筆