やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

7,920円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

新版歯科診療における放射線の管理と防護 第2版
人体への影響の正しい知識と理解

定価 7,920円(本体 7,200円+税10%)
  • 総頁数:208頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2015年3月
  • ISBN978-4-263-45786-3
  • 注文コード:457860

開業医の先生方にも,放射線防護や管理の参考書として幅広く活用できる一冊!
放射線防護に関する最新知見をわかりやすく解説

内容紹介

●歯科臨床に欠かせないX線検査技術は,近年,デジタルX線診断システムや歯科用コーンビームCTが普及するなど大きな進展を見せています.そして,これに伴い放射線被曝と防護の考え方にも新たな対応が求められています.
●第2版では,既刊『新版 歯科診療における放射線の管理と防護』の内容を,放射線防護を取り巻く最近の変化に即した形で一新しました.
●開業医の先生方にも役立つよう,X線診療室の設計例や届出例,また患者さんが抱く心配や疑問をとりあげ,適切なアドバイスができるよう具体例を取り上げ解説しています.

■改訂のポイント■
@ 前版発行後に公表された,国連科学委員会報告などの公的な信頼性の高い情報,信頼性の高い低線量放射線影響や画像診断の有効性に関する最新の知見の取り入れ.
A 歯科用コーンビームCTの普及と従来の適用を超えた利用拡大に対する対応,医療従事者に対する教育の重要性や診療ガイドライン,教育ガイドラインなどとの関係.
B 最近のX線撮影装置の普及状態や被曝線量,改定された法的規制に対する対応.
C 本書の目的は,放射線の利用が有害であるという警鐘を鳴らすことではなく,放射線の適切な利用は患者にとって大きな便益があるので,歯科医療における放射線の有用性を損なうことなく,不必要な放射線被曝によって起こる可能性のある有害な影響から,人びとを防護することにあることの再確認.

本書のパンフレットはこちら(PDFファイル 約959KB)

目次

第1章 放射線防護体系の確立
第2章 放射線の影響
第3章 放射線被曝状況
第4章 歯科診療における放射線管理と防護の実際
第5章 歯科放射線防護関連法規への対応
第6章 放射線防護Q&A

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【編者略歴】
佐々木武仁【ささきたけひと】
1962年 東京医科歯科大学歯学部卒業
1969年 東京医科歯科大学助教授(歯学部歯科放射線学講座)
1974年 東北大学助教授(医学部放射線基礎医学講座)
1988年 東京医科歯科大学教授(歯学部歯科放射線学講座)
2000年 同大学教授大学院医歯学総合研究科(口腔放射線医学分野)に配置替え
2003年 東京医科歯科大学名誉教授

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

佐々木武仁 編著/岡野友宏加藤二久小林馨佐藤健児島野達也藤田實誉田栄一 執筆

関連領域からさがす