やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

12,960円(税込)
品切れ

口唇裂口蓋裂の補綴治療

発行時参考価格 12,000円
  • 総頁数:222頁
  • 判型:B5判
  • 発行年月:1997年7月
  • ISBN978-4-263-45368-1
  • 注文コード:453680

内容紹介

口唇裂口蓋裂の基礎的事項とチームアプローチ,補綴処置の特殊性や問題点を解説し,補綴治療の実際については豊富な症例を呈示して臨床で役立つように図解.

目次

はじめに
I章 口唇裂口蓋裂とは……1
II章 チームアプローチとしての口唇裂口蓋裂治療……9
III章 口唇裂口蓋裂患者の口腔内の問題点……17
IV章 口唇裂口蓋裂補綴の原則……37
V章 補綴方法の選択……45
VI章 矯正・外科治療との協力によって改善される問題点とその実際……61
VII章 固定性補綴方法による治療……99
VIII章 可撤性補綴方法による治療……143
IX章 その他の補綴……171
X章 口唇裂口蓋裂患者の口腔衛生指導……187
XI章 経過からみた問題点……199
索引……209
参考文献……207
著者略歴……211

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【編著者略歴】
大山喬史
 1966年 東京医科歯科大学歯学部卒業
 1966年 東京医科歯科大学歯学部第一補綴学講座助手
 1970年 鶴見大学歯学部補綴学教室講師
 1974年 鶴見大学歯学部補綴学教室助教授
 1979年 東京医科歯科大学歯学部附属病院顎口腔機能治療部教授
 1987年 東京医科歯科大学歯学部障害者歯科学講座教授
 1993年 東京医科歯科大学歯学部附属病院長

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

大山喬史 編/大西正俊大山紀美榮大月佳代子宮沢正純打田年実鈴木純子谷口尚柳沢治之秀島雅之鈴木るり 執筆