やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

2,456円(税込)
品切れ

歯の相談室シリーズ
まえ歯のなやみ相談室

鈴木尚 著
発行時参考価格 2,233円
  • 総頁数:32頁
  • 判型:A4判変
  • 発行年月:1992年3月
  • ISBN978-4-263-40662-5
  • 注文コード:406620

内容紹介

治療を一日のばしにしているうちに,状況は刻々と悪くなる.危険サインの出た今をのがさず思いきって治療をスタート.まえ歯をきれいにしたい,どんな治療法があるか,そのメリット,デメリットなどを臨床医が語る.

目次

より美しくという願い/4
私たち歯科医もなやみます/5
むし歯のセルフチェック/6
むし歯になってしまったら/7
つめることから考える/8
歯の色が気になります・自分の歯の場合/10
歯の色が気になります・人工の歯の場合/12
まえ歯のなやみにおこたえするときこんな考え方をしています/14
バランスが大切です/16
実はおく歯が原因でした/17
歯がきれいでも……/18
歯周病のサインは?/19
歯が長くのびたりねじれたり……/20
まえ歯が飛び出てきました/21
歯ならびが悪いのですが……/22
患者さんにお伝えしたいこと/24

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著者略歴】
鈴木 尚
 1942年 北海道に生まれる
 1967年 日本大学歯学部卒業
 1973年 東京都中央区にて開業
 現住所 中央区日本橋小伝馬町10-8甚永ビル ナオ歯科クリニック
 包括歯科医療研究会・火曜会会員
 すれちがい咬合一歩手前の症例と問題点(日本歯科評論506,1984年),残存歯と顎堤の健康にどう取り組むか(補綴臨床18-4,1985年),コーヌス・テレスコープ―その咬合採得(コーヌス・テレスコープの現在,金子一芳・宮地建夫編,グノーシス,1986年),咬合再構成の診断(臨床診断,宮地建夫編,医歯薬出版,1987年),咬合高径はどう決めるか(補綴臨床別冊,1989年),処置の優先目標に対する考え方(補綴臨床別冊,1991年)など,日常臨床への細やかな配慮と,若い歯科医への教示に富む論文多数

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

鈴木尚 著