医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧Medical Technology > Vol.47 No.2
47巻2号 2019年2月号
特集 抗酸菌検査 Update
−現状と問題点
企画にあたって
 抗酸菌検査は,感染制御の面から迅速な対応が求められる検査です.結核は漸減傾向にあるものの,早期発見や院内感染対策が依然として重要であり,検査室の果たす役割は大きいといわれています.結核が減少する一方,非結核性抗酸菌症は増加が問題となっています.診断や治療の面で課題が散見され,限られた検査による適切な臨床対応が求められます.
 そこで本特集では,冒頭で抗酸菌感染症を取りまく現状についてご解説いただいた後,検体採取や各種検査,検査室の義務となった精度保証やIGRA,外部委託する施設における運用の実際などについてご執筆いただきました.抗酸菌検査の指針である『抗酸菌検査ガイド2016』に即し,特に微生物検査に携わる検査技師の皆様には必読の内容となっています.(編集部)
目 次
1.わが国における抗酸菌感染症の現状  茂呂寛,菊地利明  106
2.抗酸菌の検査法 1)検体の採取および取り扱いにおける注意点  山本剛  111
2.抗酸菌の検査法 2)塗抹検査  伏脇猛司  115
2.抗酸菌の検査法 3)培養・同定検査  大楠清文  119
2.抗酸菌の検査法 4)薬剤感受性検査  浅見貴弘,御手洗聡  126
2.抗酸菌の検査法 5)核酸増幅法を用いた検体中からの抗酸菌の検出  赤松紀彦蛹エ克紀  132
3.抗酸菌検査の精度保証  樋口武史  137
4.抗原特異的インターフェロンγ遊離試験(IGRA)  猪狩英俊  140
5.外部委託する施設での運用の実際  小野保  145
Editorial―今月のことば 
「法改正」の対象はこれで十分か?  木村聡  93 
話題―NEWS&TOPICS 
多発性骨髄腫治療薬Daratumumab(抗CD38抗体)が輸血検査に及ぼす影響  山田千亜希,竹下明裕  100
肝線維化マーカーのオートタキシンが保険適用に  池田均  102
対比で読み解く 超音波画像と病理組織像 
CASE15.境界が分かりづらい膵癌  市原真,若杉聡,長谷川聡洋,金久保雄樹  151 
基礎講座  シリーズ―細胞診検体にみられる感染症 
4.泌尿器領域  小材和浩  157 
輸液と検査  中島大輔,長浜正彦  161
L・Lの日常 
  周玲蓮  167 
エキスパートに学ぶ 超音波検査の道しるべ 
30.尿管や膀胱の病変には何がある?  土居忠文  168 
MT Seminar 
子宮内膜良性病変とGrade1類内膜腺癌との鑑別  矢納研二,中村豊,丹羽正幸,則松良明  174 
直接抗グロブリン試験陽性患者の輸血検査と輸血について  岸野光司  179 
学会レビュー 
平成30年度日臨技関甲信支部・首都圏支部医学検査学会(第55回)  澤田裕也  185
LABO LIFE―私の仕事・私の明日 
遺伝カウンセラーとして働く  宇津野恵美  186 
月刊「Medical Technology」のご注文
抗酸菌検査 Update
47巻2号 2019年2月15日
月刊(B5判,100頁)
定価 1,650円(本体 1,500円+税10%)
注文コード:014702
雑誌コード:08607-02
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.