医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
28巻8号 2019年7月号
特集 排便障害のリハビリテーション
特集にあたって
 排便は生命活動の基本であり,ADL,QOLの評価にとって不可欠な要素である.しかし長年看護の業務の一環としてみなされてきた経緯があり,診断や評価も経験的知識を中心に行われてきた.またリハビリテーション(以下リハ)においては,排便障害そのものに取り組むというよりは,トイレ動作や,トイレへの移動という点に力点が置かれ,排便障害そのものの医療としての理解や取り組みは少なかったといえよう.リハ目的の入院患者の半数以上に何らかの緩下剤が処方されているのが現状である.教科書では,リハ専門書においても,排尿障害の項目はあっても,排便障害の項目はほとんど設定されておらず,教育もされてこなかった.しかし在宅生活の脊髄損傷者のアンケートでも日常生活の困りごとの上位に挙げられている.
 今回本特集では,2018年の慢性便秘症診療ガイドライン・便失禁診療ガイドラインの発刊を受けて,その意図するところとリハ治療における関連を明らかにすることで,障害者の困りごとそのものへの介入,QOLの改善の糸口を見いだすことができればと考える.とりわけ排便障害の分類と診断,それから治療方針を導き出すことに重きを置いた.漫然と治療薬に頼ることなく,生活習慣の改善,内服薬,バイオフィードバック療法,骨盤底筋運動,洗腸法,手術療法等の多くの選択肢の中から,生活状況,身体障害状況を十分考慮して対応していくことが望まれる.
 特集前半では,特に分類とそれに関係するさまざまな検査法,それに基づく治療アルゴリズムを提起,さらに,検査や診療に関する診療報酬にも言及していただいた.骨盤底筋訓練が重要で怒責時の骨盤底筋弛緩訓練で,骨盤底筋協調運動障害による機能的便排出障害が対象と提言されている.また,ガイドラインの背景となる国際分類からも解説していただき,リハ患者におけるいきみ動作の不十分さや直腸の知覚低下の病態の理解が重要で,リハ現場で活用できるアプローチを示していただいた.また初期診療・保存的療法と次のステップの専門的保存的治療,手術治療へと進めていくことの重要性が述べられている.
 後半では,まさに排便障害に対する運動療法,食事療法,電気刺激療法の実際に関して詳しく述べていただき,特に運動療法の稿では筋電計や内圧計を使用して,患者に視覚的にも運動を効率よくフィードバックしていくことの重要性が強調されている.さらにバルーン排出訓練の手技と実際を提示していただき,画像も駆使してわかりやすく解説していただいた.
 多職種協働の必要性が叫ばれる中,排便障害そのものに対して,学問的のみならず,初期治療にとどまらず,診断機器を駆使して正しい診断のもと,排尿障害と同じレベルで排便障害がチームで共有され,入院中のみならず在宅においても今後患者さんの困りごとが解消して,QOLが向上していくことを願ってやまない.(住田幹男/編集委員会)
目 次
排便障害の オーバービュー  味村俊樹,本間祐子・他
慢性便秘症診療ガイドラインと便失禁診療ガイドラインについて  前田耕太郎
排便障害に対する薬物療法と食事療法  西村かおる
排便障害に対する運動療法  槌野正裕,高野正太
排便障害に対する電気刺激法  山名哲郎
新連載
神経生理学の基礎と臨床 
1. 神経伝導検査  古賀信太朗,児玉三彦・他 
連載
巻頭カラー  脳画像診断の進歩 
7. ヘリカルCT脳画像  鈴木一史 
障害者施設等一般病棟の現状と課題 
4.大阪急性期・総合医療センターの場合  土岐明子,田中有美・他 
リハビリテーション医療が支える障がい者スポーツ―現状と課題 
13.障害者がスポーツと出合うための場をどう作るか  上出杏里 
ニューカマー リハ科専門医 
  井坂雅子 
「地域づくり」を学ぼう! 
6.住民主導型の介護予防事業ー群馬県・鬼石モデル  浅川康吉 
現場で生かせるExcelシート付き! リハビリテーション自主トレーニング指導 
10.末梢性の顔面神経麻痺の自主トレーニング  仲村我花奈 
包括的リハビリテーション医療の構成要素としての栄養療法―リハビリテーション科医が知っておくべき基本知識 
11.骨粗鬆症と栄養療法  小川純人 
急性期リハビリテーションの実際─なにを、いつ、どのように 
5.脊髄損傷  工藤大輔,島田洋一 
心に残ったできごと―リハビリテーション科の現場から 
ある慢性疼痛患者の社会参加まで携わって  木村慎二 
臨床研究 
歩行補助装置RE-Gait®が慢性期脳血管障害患者の歩容改善に及ぼす影響  籬拓郎,中川慧・他

CLOSE UP!! 
日本医学会総会
月刊「CR」のご注文
排便障害のリハビリテーション
28巻8号 2019年7月15日
月刊(B5判,100頁)
定価 2,640円(本体 2,400円+税10%)
注文コード:082808
雑誌コード:03297-07
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.