やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

投稿規定

寄稿のしおり

投稿にあたって
  症例検討を中心とする「臨床経験」、および「臨床研究」欄への研究論文のご投稿を歓迎します。なお当面、筆頭著者は医師とさせていただきます。

  1. 論文の採否
      編集委員会にて決定し、速やかにご通知いたします。その際、お原稿の訂正・加筆・削除等をお願いすることがありますので、予めご了承ください。なお、不採用の節は速やかにお原稿をご返却いたします。
  2. 未発表論文であること
      国内・国外を問わず、すでに発表されたものまたは発表予定のものはご遠慮ください。
  3. 掲載論文の複写・転載
      本誌に掲載される著作物の複製権・翻訳権・翻案権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は、小社がお預かりいたします。著作者ご自身、再利用される場合はご一報ください。

症例の提示にあたって

      症例の提示にあたりましては、患者のプライバシーの侵害とならないよう、患者を特定しうる情報の扱いには十分にご配慮下さい。
      患者のプライバシーを侵害する可能性のある場合は、患者、または患者自身が判断できないときは両親・保護者から承諾を得て、その旨をお原稿に記載してください。
執筆にあたって
  1. 様 式
    (1)原稿用紙
      原稿総文字数は6000字以内(組み上がり頁数4頁以内)です。行間をとって見やすく印字してください。図・表・写真は1点につき文字400字分とし、総文字数(文献とも)に含めます。なお、全体の通しナンバーをお打ちください。
    (2)執筆枚数
      「臨床経験」欄の原稿総枚数は400字詰15枚以内(組み上がり頁数4頁以内)です。図・表・写真は1点につき1枚分とし、総枚数(文献とも)に含めます。なお、全体の通しナンバーをお打ちください。
    (3)論旨
      「はじめに」「対象と方法」「成績」「考察」「おわりに」「文献」などの見出しと順序に従っておまとめください。
    (4)キーワード
      1論文につき4〜5個のキーワードをお付けください。
    (5)論文題名・執筆者名
      論文題名には英文表記を付し、執筆者のすべてについて氏名のローマ字読み、現在の所属、職種を必ず記してください。
    (6)原稿の返却
      掲載原稿は原則としてご返却致しませんが、写真・図などで返却を必要とする場合はその旨を明記してください。

  2. 図(写真を含む)・表
    (1)番号・挿入の指定
      本文原稿とは別に、それぞれ表番号・図番号およびネーム(説明文)を付し、表原稿・図原稿としておまとめください。本文原稿には挿入箇所をご指定ください。
    (2)写真の紙焼き
      写真は必ず紙焼きとしてください。
    (3)複写
      お原稿は細心の注意をもって取り扱っていますが、郵送中あるいは製作中の万一の事故に備え、お原稿は図・写真等を含め必ず複写をおとり置きください。
    (4)写真等への記号挿入
      写真原稿中に文字・矢印等を入れる場合は、直接原稿に書き込まないようご配慮ください。

  3. 文献とその記載
    (1)文献数
      原稿総枚数に含まれますのでご留意ください。
    (2)配列と肩番号
      引用順に配列し、本文の引用箇所に肩番号を付けてください。肩番号の例:○○○4,6)、○○○7,9)、○○○1〜3,5)
    (3)著者名の記載
      2名共同執筆の場合はフルネームで2名まで記載、3名以上の場合は1名記載し「・他」“et al”を付します。
    (4)記載方法と配列

    雑誌の場合と例:
    文献番号)著者氏名、著者氏名:論文題名。雑誌名(欧文はイタリック)、巻(号):初頁−終頁、西暦発行年。
    1) 綿森淑子・他:実用コミュニケーション能力検査の開発と標準化。リハ医学24(2):103-112、1987。
    2) Friedland J,McColl MA:Social support and psychological dysfunction after stroke:buffering effects in a community sample.Arch Phys Med Rehabil 68:475-480,1987.

    書籍の場合と例:
    文献番号)著者氏名:題名。書名(編者氏名)、第○版、発行所、西暦発行年、pp 初頁−終頁。
    3) 山根友次郎:頸肩腕痛の保存療法の意義。臨床リハビリテーション・痛みのマネージメント−頸肩腕痛(岩倉博光・他編)、第1版、医歯薬出版、1990、pp 55-77。
    4)Martin GM,Gamble GL:Prescription writing in physical medicine and rehabilitation. In Krusen's Handbook of Physical Medicine and Rehabilitation,4th ed,Kottke FJ,Lehmann (eds),WB Saunders,Philadelphia,1990, pp647-655.

  4. 著者校正
    (1)校正の往来
      著者校正は1回お届けいたします。その際、別刷の要・不要、部数等をご確認ください。
    (2)著者校正者
      共同執筆の場合は、予め著者校正者をご指定ください。ご指定のない場合は筆頭執筆者宛にお届けいたします。

     

掲載誌と別刷
  1. 贈呈
      掲載誌発行後、2部を筆頭執筆者宛お届けいたします。
  2. 別刷
      別刷は30部まで無料、30部を超えますと有料です。ご希望の場合は投稿時にお申し込みください(著者校正時に再度確認いたします)。

原稿送り先
  〒113-8612 東京都文京区本駒込1-7-10
  医歯薬出版株式会社 CR編集室
  (Tel 03-5395-7629 書留にてお送りください)