医歯薬出版のページサイトマップ
CLINICAL REHABILITATION TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
特集 在宅神経難病患者のリハビリテーション
27巻5号 2018年5月15日 p.426-433
特集
特集 在宅神経難病患者のリハビリテーション 筋萎縮性側索硬化症のリハビリテーション 小森哲夫
キーワード  筋萎縮性側索硬化症 呼吸障害 嚥下障害 コミュニケーション障害 リハビリテーション
内容のポイント Q&A  
Q1 疾患の特徴と最近の治療は?
 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は,一次および二次運動ニューロンの変性を主たる病態とする.近年,TDP43 蛋白の蓄積が孤発性ALS で判明して以来,前頭側頭型認知症と同様の認知症状がみられたり自律神経障害がみられたりと疾患の概念が広がりつつある.現在のところ根治治療はない.薬物治療は,リルゾール内服,エダラボン点滴治療で進行をわずかに抑えられる可能性が考えられている.
Q2 呼吸障害への対応は?
 呼吸障害への人工換気療法は,ALS の主たる死亡原因を克服する対症的治療として認識される.呼吸リハビリテーションは呼吸障害の初期から人工換気療法後まですべてのステージで有用である.発症初期には訓練的かかわりがあるが,次第に生活の質の維持へと焦点が移行する.さらに,排痰補助装置を用いた排痰ケアはより良い療養に欠かせない.
Q3 嚥下障害への対応は?
 球麻痺として理解される嚥下障害に対する一般的嚥下リハビリテーションの効果は極めて限定的である.多くの場合,嚥下機能評価を通じて食形態の工夫や経皮内視鏡的胃瘻造設の時期を見極めることの意義が大きい.
Q4 コミュニケーション障害への対応は?
 言語的コミュニケーションが困難になる前から,文字盤やICT 機器の導入等で対処する必要がある.機器利用やナースコールの入力補助としてスイッチの選定と設置も重要な意味を持つ.また,ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)の利用が進んでいる.
Q5 在宅におけるリハビリテーションの実際は?
 病院内と同等以上に看護職や介護職さらに家族ともリハビリテーションの内容を共有し,継続的な関与が可能な体制を作る必要がある.また,病院内での訓練時間を超えた長時間の対応も可能であることを利用した療養生活支援をすべきと思われる.
特集 在宅神経難病患者のリハビリテーション 筋萎縮性側索硬化症のリハビリテーション 小森哲夫
本論文を購入 特集TOPへ戻る
月刊「CR」のご注文
在宅神経難病患者のリハビリテーション
27巻5号 2018年5月15日
月刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:082705
雑誌コード:03297-05
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

メディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

関連著書
リハビリテーションにおける評価
リハビリテーションにおける評価 Ver.3
上月正博・正門由久・吉永勝訓 編著

定価 7,040円(本体 6,400円+税10%)B5判 472頁 2016年4月発行
注文コード:218730
ISBN978-4-263-21873-0

●リハ医・リハスタッフ必携!好評前版から大幅バージョンアップした最新テキスト!!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.