医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 通常号
274巻2号 2020年7月11日
熱中症に立ち向かう−予防と応急処置
はじめに
AYUMI 熱中症に立ち向かう――予防と応急処置 はじめに 三宅康史
  かつてはそれほど注目されていなかった“熱中症”だが,そういえば,いつから熱中症とよばれるようになったのか.筆者が学生のころには,熱射病や日射病という診断名で習った記憶もおぼろげながらある.
 日本救急医学会が“熱中症に関する委員会”を設置したのは,熱中症死亡者数がそれまでの2倍程度に急に増えはじめた2004年の翌年であった(図1)1).委員会では,暑熱障害を熱中症(heat illness)という呼称に統一したうえで,傷病者を前に応急処置をしながらその反応(回復具合)によって重症度(適切な搬送先)を決定できるよう,現場で対応可能なI度(軽症),医療機関への搬送が必要なII度(中等症),入院が必要なIII度(重症)の3段階に分類し,2006年夏期から,救急医療機関に来院した熱中症例を集積・分析する全国調査を開始した.2012年までの隔年調査(Heatstroke STUDY)により,どのような背景を持つ人たちがどこで熱中症にかかり,どのような原因で重症化し命を落としていたのか,それまで知られていなかった多くのエビデンスを発信し,最終的に「熱中症診療ガイドライン2015」の刊行につながっていくのである.
 オリンピック・パラリンピックの延期決定,そして新型コロナウイルス感染症の感染爆発とは関係なく,暑い夏は今年もやってくる.医療者としてだけでなく,自身と家族を守るうえでも,熱中症について知っておく必要がある.今後,さらなる温暖化,高齢化,貧困化,孤立化による熱中症リスクが高まるなかで,夏期の気象の変化や熱中症の現状分析,的確な診断と有効な治療法について,最新の知見と見解をまとめていただいた.本特集により,熱中症への理解が深まり,それぞれの立場で熱中症の予防・早期発見と発症時の適切な対策が進むことを切望する.
文献
1)中井誠一.我が国における熱中症の死亡統計―どのような統計分類を使用すべきか? 日本生気象学会雑誌2019;56(2):67-75.
目 次
熱中症とは何か――その病態・本質を知る……清水敬樹
熱中症と気象条件――暑熱環境と熱中症搬送者数の傾向……登内道彦
熱中症の予防……三浦邦久・他
熱中症の早期認識と応急処置……神田潤
労働者における熱中症……中村俊介
古典的熱中症(非労作性熱中症)への取り組み……瀬義昌
重症(III度)熱中症に対する集中治療……横堀將司・横田裕行
夏期大規模イベントの成功に向けて――危機管理から熱中症対策を考える……三宅康史
スポーツにおける最新の熱中症対策……長谷川博
TOPICS
【循環器内科学】
STOPDAPT-2:DES留置後のDAPTはいつまで継続すべきか……渡部宏俊 
【腎臓内科学】
Nrf2活性化による腎保護への期待……長洲一・柏原直樹 
【生化学・分子生物学】
腎変性“FSGS”の発症を抑制するTRPC6のカルシウム依存的不活性化機構(CDI)……森誠之・岡田亮 
連載
【老化研究の進歩】
15.フレイルの病態メカニズム……重本和宏・他 
【再生医療はどこまで進んだか】
7.iPS細胞を用いた心疾患に対する再生医療……澤芳樹 
速報
自己フィブリン糊の凍結保存期間による影響――とくにトロンビン活性について……牧野茂義・他
フォーラム
【パリから見えるこの世界】
93.COVID-19パンデミック,あるいは「前」と「後」を考える……矢倉英隆 
週刊「医学のあゆみ」のご注文
熱中症に立ち向かう
274巻2号 2020年7月11日
週刊(B5判,70頁)
定価 1,430円(本体 1,300円+税10%)
注文コード:927402
雑誌コード:20472-7/11
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.