医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 通常号
272巻11号 2020年3月14日
CKDにおけるたんぱく質制限の功罪
はじめに
AYUMI CKDにおけるたんぱく質制限の功罪 はじめに 猪阪善隆
  「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018」では,慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)の進行を抑制するために,たんぱく質摂取量を制限することが推奨されている.腎は老廃物の排泄に関わる臓器であり,腎機能が低下した患者に対して,摂取量を調整する食事療法,とくにたんぱく質制限は100年以上の歴史があり,CKD患者の治療の根幹のひとつでもある.
 CKD患者が過剰なたんぱく質を摂取すると,糸球体過剰濾過により腎障害を進展させるとともに,たんぱく質の代謝産物が尿毒症物質として体内に蓄積する.そこでCKD進行抑制・腎代替療法導入遅延を目的として,従来たんぱく質制限の食事指導が行われている.本特集では,基礎研究の見地からたんぱく質制限の腎保護メカニズムや,腎機能悪化,心血管イベント・死亡をアウトカムとした臨床研究のエビデンスについて解説いただく.
 一方,たんぱく質制限がフレイルやサルコペニアのような病態を招く恐れもある.日本腎臓学会の「サルコペニア・フレイルを合併したCKDの食事療法の提言」では,たんぱく質制限が推奨される患者とたんぱく質制限を緩和する患者を考慮したうえで,たんぱく質摂取量を考慮する必要があることが提言されている.そこで,たんぱく質制限がもたらすリスクとしての“サルコペニア・フレイル”,および,たんぱく質制限が推奨される患者と推奨できない患者について解説いただく.『慢性腎臓病に対する食事療法基準2014年度版』では,厳格なたんぱく質制限は特殊食品の使用経験が豊富な腎臓専門医と管理栄養士による継続的な患者指導のための整備された診療システムが不可欠とされている.病診連携を行ううえでのたんぱく質制限の意義についても解説いただく.
 本特集を通して,CKD患者のたんぱく質制限の効果とリスクを理解していだければ幸いである.
 最後に,このような企画をいただいた編集部に感謝申し上げます.
目 次
CKD患者におけるたんぱく質制限の腎保護メカニズム……桑原頌治・他
CKD患者におけるたんぱく質制限のアウトカム――腎機能悪化……友利浩司・岡田浩一
CKD患者におけるたんぱく質制限のアウトカム――心血管イベント・死亡……神田英一郎
たんぱく質制限が推奨できるCKD患者……蒲澤秀門・細島康宏
標準的たんぱく質制限の緩和を検討するCKD……加藤明彦
糖尿病性腎臓病患者におけるたんぱく質制限……荒木信一
たんぱく質制限とサルコペニア・フレイル……鈴木芳樹
病診連携の観点からのたんぱく質制限の意義……斎藤知栄・山縣邦弘
TOPICS
【小児外科学】
先天性食道閉鎖症吻合部狭窄に対する再生医療による新規治療……渕本康史 
【循環器内科学】
RING-finger protein 207と心疾患……松島将士 
【免疫学】
炎症反応を強力に抑える活性イオウ誘導体……澤智裕 
連載
【診療ガイドラインの作成方法と活用方法】
14.日本版敗血症診療ガイドライン:2016の工夫と2020のチャレンジ……小倉裕司・他 
【老化研究の進歩】
3.糖代謝……遠藤玉夫 
フォーラム
【パリから見えるこの世界】
89.シュペングラーの技術論,あるいは近代文明の宿命を逃れる道はあるのか……矢倉英隆 
週刊「医学のあゆみ」のご注文
CKDにおけるたんぱく質制限の功罪
272巻11号 2020年3月14日
週刊(B5判,70頁)
定価 1,430円(本体 1,300円+税10%)
注文コード:927211
雑誌コード:20472-3/14
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.