医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 通常号
272巻3号 2020年1月18日
たこつぼ症候群のすべて
はじめに
AYUMI たこつぼ症候群のすべて はじめに 明石嘉浩
  たこつぼ症候群は,1990年代に日本から世界へ向けて発信された疾患概念であり,今ではこの名前を用いて全世界の研究者が論文を執筆するに至る.発見当初は,“たこつぼ心筋症”とよばれていたが,最近ではさまざまな病態に付随して心臓に収縮障害をきたす“症候群”と認識されている.閉経後の女性に好発し,急性冠症候群と類似した発症様式を呈しながらも,急性期の壁運動異常が改善すれば予後がよいと理解されていた.しかし,壁運動異常にはさまざまなバリエーションが報告されるようになり,心尖部無収縮例では予後が不良であることがわかってきた.本症候群の明確な発症機序は解明されておらず,治療法の確立もいまだ道半ばである.
 2004年以降,諸外国より診断基準が発表されるようになり,大がかりなポジションステートメントが2018年にヨーロッパ心臓病学会から報告されたが,診療ガイドラインはいまだにない.海外では,わが国でのレジストリーデータを凌ぐ報告が数多く,今後は日本を含めた世界的なレジストリー研究が必要である.
 今回の企画では,わが国のたこつぼ症候群をよく知る先生方によって,歴史から最新の知見までをまとめていただいた.ユニークなのは,たこつぼ症候群を極めるためにZurich大学へ留学した先生方からも執筆をいただき,世界的なレジストリーデータに基づいた報告をしていただいた.また,たこつぼ症候群における分子メカニズムやカテコールアミン動態は,発症機序にせまることができる可能性を秘めている.近年注目される脳心連関についても,この症候群を理解するには必要な概念であるため,執筆にご協力いただいた.
 本特集を通じて,多くの研究者が臨床家がたこつぼ症候群に関心を抱いていただければまことに幸いである.最後に,このような特集を企画していただいた本誌編集部に心から感謝申し上げたい.
目 次
カテーテルに心が躍ってみつかったたこつぼ症候群……土手慶五
たこつぼ症候群のバリエーション……井守洋一
たこつぼ症候群における心エコー……出雲昌樹
たこつぼ症候群に対する治療法……栗栖智
たこつぼ症候群における合併症と予後……加藤賢
たこつぼ症候群における分子メカニズム……増山潔・李鍾國
たこつぼ症候群におけるカテコールアミンシグナル動態……尾上健児
たこつぼ症候群における脳心連関……鈴木秀明・他
TOPICS
【遺伝・ゲノム学】
血中マイクロRNAからの認知症予測……重水大智・新飯田俊平 
【神経精神医学】
SNS時代とゴールドウォーター・ルール……武田雅俊 
【細胞生物学】
ゼブラフィッシュを用いたパターン形成研究……臼居優・渡邉正勝 
連載
【地域医療の将来展望】
14.公共哲学としての地域医療……前田隆浩 
【診療ガイドラインの作成方法と活用方法】
9.周産期医療の質と安全の向上のための研究(INTACT)プロジェクト……豊島勝昭・他 
フォーラム
【医療社会学の冒険】
21.別の身体になること――ウィッシュではなくニーズ……美馬達哉 
特報
骨髄異形成症候群(MDS)の分子遺伝学的基盤の解明と分子診断への応用……小川誠司
週刊「医学のあゆみ」のご注文
たこつぼ症候群のすべて
272巻3号 2020年1月18日
週刊(B5判,70頁)
定価 1,430円(本体 1,300円+税10%)
注文コード:927203
雑誌コード:20473-1/18
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.