医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 通常号
266巻10号 2018年9月8日
内臓脂肪と異所性脂肪
はじめに
AYUMI 内臓脂肪と異所性脂肪 はじめに 下村伊一郎
  欧米人に比べ,日本人は太りにくい性質をもつ.一方,肥満度は軽度でも,肥満に伴う種々の合併症に罹患しやすい.この背景には,皮下脂肪へのエネルギー蓄積能が低く,内臓脂肪蓄積や実質臓器への異所性脂肪蓄積をきたしやすい点がある.内臓脂肪蓄積状態では,耐糖能異常や高血圧,脂質異常などの代謝異常が集積し,心血管リスクと深く関連することから,内臓脂肪を基盤としたメタボリックシンドロームの疾患概念が誕生した.
 内臓脂肪の性質として,解剖学的特徴と生化学的特徴がある.解剖学的にはその定義に関係するが,内臓脂肪は大網脂肪や腸間膜脂肪など,その由来因子が門脈を介して直接的に肝に流入する位置に存在する.生化学的には脂肪合成・脂肪分解活性いずれも高く,またアディポサイトカイン(脂肪由来分泌因子)の産生も総じて高い.したがって,肝,または肝を経由して全身へ流入する内臓脂肪由来の脂質や分泌因子の直接的な影響が大きいものとなる.そのなかで,全身の実質臓器での脂質蓄積,アディポネクチンの低下や種々の炎症性アディポサイトカインの産生上昇により,実質臓器での代謝障害・炎症が相まって進んでいくことが異所性脂肪蓄積の病態基盤となる.
 近年の多くの研究により,脂肪肝や筋肉内脂肪,心周囲脂肪,血管周囲脂肪,膵脂肪蓄積などの異所性脂肪蓄積が,代謝異常や心血管疾患との関連で注目されている.これらの異所性脂肪蓄積は,それぞれの臓器における脂肪毒性やサイトカイン産生,細胞内代謝の変化を介して慢性炎症やインスリン抵抗性を誘導し,動脈硬化症や慢性臓器障害の基盤となる.また,糖尿病治療薬として使用されるSGLT2阻害剤やPPARγ活性化剤は,脂肪肝改善作用や内臓脂肪蓄積減少によってhealthy adipose expansion(健康的な脂肪拡張)を誘導することが注目されている.
 本特集では,内臓脂肪と異所性脂肪に関する臨床的・基礎的最新知見を,第一線の先生方に紹介していただく.
目 次
内臓脂肪……西澤均
非アルコール性脂肪性肝疾患・非アルコール性脂肪肝炎(NAFLD/NASH)……鎌田佳宏
骨格筋細胞内脂質蓄積とインスリン抵抗性……田村好史加賀英義
心臓脂肪・血管周囲脂肪――心臓血管病リスク評価の新規パラメーター……島袋充生
高輝度膵と生活習慣病……大洞昭博・小島孝雄
異所性脂肪蓄積と治療薬……小川佳宏
内臓脂肪蓄積の基礎医学……福原淳範・他
TOPICS
【循環器内科学】
KLF5による臓器間連携を介した新規心臓恒常性維持機構……藤生克仁 
【生化学・分子生物学】
Long non-coding RNAから翻訳される機能性ポリペプチド……松本有樹修 
【整形外科学】
FOP患者由来iPS細胞を用いた創薬……日野恭介・他 
連載
【Sustainable Developmentを目指した予防医学】
18.環境と子どもの健康に関する予防医学:WHOの動向……戸恵美子 
【移行期医療──成人に達する/達した患者への医療】
11.小児消化器疾患……清水俊明・大塚宜一 
フォーラム
【Choosing Wiselyキャンペーンとは】
15.世界に拡がるChoosing Wisely キャンペーン:医療における過剰使用問題の解決に向けた共通の取組み……Karen Born・Wendy Levinson 
【パリから見えるこの世界】
71.最初の外科医アンブロワーズ・パレ,あるいは癒しの哲学と驚くべき活力……矢倉英隆 
週刊「医学のあゆみ」のご注文
内臓脂肪と異所性脂肪
266巻10号 2018年9月8日
週刊(B5判,70頁)
定価 1,404円(本体 1,300円+税8%)
注文コード:926610
雑誌コード:20472-9/8
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.