医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 第5土曜特集号
259巻14号 2016年12月31日
第5土曜特集循環器薬物療法UPDATE
はじめに――もっとも進んでいるが満足できない循環器の薬物療法
第5土曜特集 循環器薬物療法UPDATE はじめに――もっとも進んでいるが満足できない循環器の薬物療法 小室一成
  循環器ほど薬物療法が進んでいる領域はないといえよう.現在わが国において,15,000種類以上の薬が使用されているが,そのなかで生命予後を改善することが明らかな薬は10種類もないであろう.複数の大規模臨床試験によって生命予後の改善効果が証明されているのは,心不全に対するACE 阻害薬,β遮断薬,アンジオテンシン受容体阻害薬,アルドステロン拮抗薬であり,虚血性心疾患に対するアスピリン,スタチンである.癌やリウマチなどの領域においては最近分子標的薬が登場し,生命予後の改善効果が期待されているが,まだ循環器薬ほど明確なエビデンスはない.つまり,特効薬とよべるような生命予後を改善する薬のほとんどは循環器薬なのである.循環器疾患は種類が多く,それに応じて薬も豊富である.さらに毎年のように新しい薬が登場し,大規模臨床試験の結果が発表されている.
 そこで本特集では,まずは縦軸として主要な疾患ごとに最新の薬物療法を,横軸として主要な薬物のエビデンスを解説いただいた.また,とくに注意すべき患者背景,合併症と,期待される新薬を加えた.循環器薬の進歩は著しく,医師のアンケート調査でも,循環器薬は満足度,貢献度ともにトップクラスである.しかし現状に満足してよいのであろうか.上述したように心不全にはいくつも特効薬があり,ほとんどすべての患者に効果があるが,逆にその点が問題である.これらの薬はいずれも心臓への負荷を減らして心臓を保護するといった一般的な効果しかなく,その患者の原因に基づいた治療薬ではない.これでは悪化を防ぐことはできるかもしれないが,けっして治すことはできない.最近,発症機序の解明から原因療法が可能となり,治る患者も出てきている癌とは大違いである.今後は循環器疾患に関しても発症機序を明らかにして,その機序に基づいた分子標的薬を開発する必要があろう.
 最新の知見を理解し診療に役立てていただくと同時に,将来を展望するためにも,本誌をご利用いただければ幸甚である.
目 次
【 循環器疾患の最新薬物療法】
虚血性心疾患に対する薬物療法……村田伸弘・平山篤志 詳細
急性心不全の最新薬物治療……佐藤直樹 詳細
慢性心不全の薬物療法……中本敬・坂田泰史 詳細
心筋症(二次性心筋症を含む)……小西正則・磯部光章 詳細
不整脈(心房細動・発作性上室頻拍)……池田隆徳 詳細
心室性期外収縮,心室頻拍に対しての薬物療法……百瀬裕一・副島京子 詳細
徐脈性不整脈の薬物治療……新博次 詳細
【循環器疾患の最新薬物療法】
高血圧の薬物治療……赤坂憲・樂木宏実 詳細
【 循環器疾患の最新薬物療法】
脂質異常症の最新薬物治療……山下静也 詳細
肺高血圧症治療薬……波多野将 詳細
静脈血栓塞栓症の新しい薬物療法……中村真潮 詳細
末梢閉塞性動脈疾患……宮田哲郎 詳細
大型血管炎に対する薬物療法……中岡良和 詳細
【循環器疾患の最新薬物療法】
感染性心内膜炎──最近の話題……大原貴裕・中谷敏 詳細
【注意すべき患者背景と合併症】
慢性腎臓病(CKD)と急性腎障害(AKI)――循環器薬物療法を行う際の投薬計画……長洲一・他 詳細
高齢者に対する薬物療法……秋下雅弘 詳細
小児循環器領域における薬物療法──特殊性と治療の実際……澤田博文・三谷義英 詳細
妊娠・授乳期における薬物療法……神谷千津子 詳細
周術期における薬物療法――麻酔科医・循環器内科医の融合的視点から……假屋太郎 詳細
循環器薬の薬物血中濃度モニタリング……志賀剛 詳細
【主要な薬物の特徴とエビデンス】
カテコールアミンとPDEIII阻害薬……筒井裕之 詳細
硝酸薬とニコランジル……目黒健太郎・阿古潤哉 詳細
ナトリウム利尿ペプチド製剤……濱博幸・北風政史 詳細
カルシウム(Ca)拮抗薬のエビデンス……佐藤伸之・長谷部直幸 詳細
レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系阻害薬……赤澤宏 詳細
β遮断薬,α遮断薬……中村卓人・大屋祐輔 詳細
利尿薬,バゾプレシンV2受容体拮抗薬……安藤友孝・他 詳細
不整脈薬物療法の現状と展望……小野克重 詳細
ジギタリス製剤(ジゴキシン)……猪又孝元 詳細
冠動脈疾患における抗血小板療法……海北幸一・小川久雄 詳細
経口抗凝固薬――心房細動症例における抗凝固薬の使い分け……大塚崇之・山下武志 詳細
血栓溶解薬……山田典一・伊藤正明 詳細
プロスタグランジン誘導体……片岡雅晴 詳細
エンドセリン受容体拮抗薬のエビデンスと今後の可能性……玉田直己・江本憲昭 詳細
PDE5阻害薬、sGC刺激薬の心血管病変適応への展望……福馬伸章・瀧本英樹 詳細
循環器疾患における主要な免疫抑制療法の機序とエビデンス……新田大介・絹川弘一郎 詳細
【期待される新薬】
アンジオテンシン受容体-ネプリライシン阻害薬(LCZ696)……河野健・苅尾七臣 詳細
心拍数を低下させる治療――Ifチャネル阻害薬(イバブラジン)……安村良男 詳細
心不全患者におけるリラキシン……佐藤幸人 詳細
選択的PPARαモジュレーター(SPPARMα), K-877……石橋俊 詳細
循環器領域におけるSGLT2阻害薬……田中敦史・野出孝一 詳細
週刊「医学のあゆみ」のご注文
循環器薬物療法UPDATE
259巻14号 2016年12月31日
週刊(B5判,282頁)
定価 6,264円(本体 5,800円+税8%)
注文コード:286530
雑誌コード:20475-12/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
この本を買った人はこんな本も買っています
虚血性心疾患UPDATE  
虚血性心疾患UPDATE

室原豊明 編
不整脈を科学する  
不整脈を科学する

青沼和隆 編
心臓超音波テキスト  
心臓超音波テキスト

日本超音波検査学会 監修/増田喜一・遠田栄一 編著
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.